ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2007/12/25

クリスマスの贈り物  大道具小道具Gadjgets

およそ光学機器についてはPGJは大艦巨砲主義。 望遠鏡、双眼鏡は対物レンズが大きければ大きいほど性能が良いという価値観です。こちら
これは星を眺める際には倍率より対物レンズの口径が画像の明るさ鮮明さを左右するからなのです。 これは星屋の常識ですね。 ですから天文台の望遠鏡は対物レンズ口径、対物反射鏡口径が性能を語る際の尺度になります。

だもんで、2cmを切るような小口径の双眼鏡は抵抗があって買えませんでした。 形が麗しいとしてもね。

そのニコンの小さな双眼鏡ミクロン 6x15 CFをXYLがクリスマスの贈り物にくれました。
どれくらい小さいかというと、下の写真の左端がニコンの7cm/10倍(星空あるいは夜間の動物観察用)、真ん中がカールツァイス5.6cm/8倍(薄暮時も使える自然観察用)、右端が今回プレゼントされた1.5cm/6倍。
PGJが普段使っている双眼鏡とはまるでサイズが違うのは分かっていただけるでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

この双眼鏡、中学生時代から気になっていたけれど、当時は高価すぎて買えず(そんな昔にすでに有った息の長いモデルでデビューは なんと大正時代)、大学天文部以降は、「こんな小口径買ってどうするの」という実用一点張りの考え方で買えず。 で 「欲しいが買えない」が30年続いていたのです。

実際手にしてみると、美しい良い工業製品です。
嬉しいなぁ。嬉しいな。

妻を娶らば7L2PGK。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、クリスマスの贈り物の箱を開けるのは26日ボクシングデーなんですけどね。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ