ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2007/10/13


不二家が実に取るに足らない品質管理の瑕疵を捉えられ、マスゴミに袋叩きの上潰れてしまったのは記憶に新しいところ。(2007年)
あの報道のほとんどは「微生物学と食品衛生法、日本農林規格を理解できない奴が報道するな」という代物でしたが、一般消費者が理解できるわけもなく。 また「報道は全て真実」と思っている理解力のないお馬鹿さんも多く。 素人に分かると思われているが実はまったく理解されていない科学の最右翼は食品科学でしょう。 「食品工学とお料理を一緒にされちゃ困るぜ、みのさん。」 です。

でも、みのもんた信者のおばさんたちによって、あれよあれよと言う間に老舗がこけてしまいました。
 

そして、今度は赤福。
間抜けと言えば間抜けな話。

赤福のここには同情してやろうよ

「解凍日を製造日にしていました」ということが非難の対象になっておりますが。。。
食品衛生法やJAS法が「製造年月日+賞味期間」表示から「賞味期限表示」に切り替えて約10年たつというのに、いまだに製造年月日を知りたがる人が居るのですなぁ。
この際、「製造年月日表示」を禁止しないと、この手の話は無くならないでしょうね。

日本人が製造年月日をやたらと気にするのは「刺身文化」だからだそうです。 
つまり、「すぐ食べないと食あたりする」危険な食文化の中で暮らしているので、いつ造ったかが「やたら」と気になるらしい。 何しろ刺身一切れについている細菌の数たるや10万を軽く越えることもありますから、危険な食品であることには間違いなく「早く食べること」が安全のために求められます。(嫌な食品だなhi)

というわけで続きは こちら。 赤福はある意味 悪くない




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ