ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む
各国台風進路予想足柄地方ハザードマップ

2007/6/22


以前、話の種にも書きましたが昔は馬肉で「牛肉の大和煮」缶詰を作るメーカーが居たり、PGJが就職した最初の会社ではポーク100%ウインナーに豚で無い肉が入っていたり。
取引先のスーパーマーケットが「牛肉の特売やるから馬肉のひき肉よこせ」なんて話が普通にあったものですが。
いまだにやっているところがあったんですね。 DNA検査で一撃でしょうにねぇ。
食品偽装について、詳しくはこちら

馬鹿ですね。

だいたい2割3割、挙句のはては、ほとんど全部非牛肉でした。というひき肉を牛肉として収めていたらしいですが、受け入れ検査をしない生協などの各コロッケ工場もどうかと思うよ。
食肉を仕事で見慣れている人間なら、牛肉では無いくらい分かるだろうにね。 分かっていて、「まぁ良いか、ここまで安い業者はいないし。。」で受け取っていたのでしょうかね。

それにしても、豚肉が入っていないと信じて食べたイスラム教徒がもし居たら、これはえらい事になりますよ。 普通の人にはわからない「ユダヤ教の定めた方法で処理された食品です」「イスラム教徒が食べても良い方法で作られた食品です」というマークが先進国の加工食品にはついています。
それくらい、先進国では他人様の宗教に気を使っています。

以前輸入食品の会社に居たとき、ブルネイ大使館から「この酢にはアルコールは入っているか?」という質問が良く来ました。 
「酢は酢酸菌がアルコールを分解して作ります。 皆無とはいえないでしょう。 10万分の1くらい残っているかもしれません。」
「ただし、食品の中でよい香りのするものは何かしら芳香成分として低級アルコールを含んでおりますので、他の食品と同じ程度と思っていただければ良いのでは?」
という意地悪い返事をしたことがありましたが、大使館の厨房の人はそれはそれは大真面目でした。

しかしま、平気で大嘘をつくのは東アジアの共通の文化だけれど、それにしても、、、
まだ、こんな会社があったとはね。



2007/7/4  21:42

投稿者:ZL2PGJ

moakoさん
いらっしゃいませ。
この手の問題は、科学的に工業的に法的に問題ないけれど、気分屋の消費者が「いやだ」とか、理科の超苦手なマスコミが「ひどい」とか叫んでいる例が多いので、どれがどれだか分かりにくい傾向があります。 そういう事案は当たり前のように日常茶飯事でしょう。 なまじ食品だから素人にも分かるような気がするので素人がギャーギャー言いますが、実は立派な工業なので素人には理解できるわけがありません。 自動車のエンジンの燃焼の科学を理解している消費者が居たらさぞ自動車業界もうるさい顧客に悩まされるでしょうが、そうはいないので自動車業界は楽です(笑)
ただ、確信犯でやる地方の中小の食品メーカーが多々あるので食品業界全体の地位が落ちていることは間違いないですね。

菌ブログ。XYL(かみさん)は微生物屋なので大喜びで読んでいました。

2007/7/4  0:42

投稿者:moako

はじめまして。
kumamusiさんのページからやってきました。

信じられない事件だと思う反面、かなり日常的な話のような気もしますが、実際どうなんでしょうね。
衛生上の問題もそうですが、宗教上の問題、アレルギーなどの問題など、当事者の方が考えているより大きな問題だと思います。

これからも遊びに来させていただきますね。
いろいろ勉強させてください。


http://lovelykin-kin.seesaa.net/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ