ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2007/2/11

やれやれな人々  日本の「やれやれ」な話題

夏目漱石の「ぼっちゃん」で下女の清がお天道様がいっぱい転がっていると信じている箱根山の西側は、交通マナーがすさまじい。。。 
黄色線無視で山道のブラインドコーナーを追越していく、赤いダックスフントのトラックに驚かされたのがはじめで。。。

この標識は停止線で一時停止しろという意味をもっているが、お天道様が沢山沈んでいる当地では、これで一時停止するとかなりの確率で後ろの車に警笛を鳴らされます。
ギズボーンのカイチ地区でもそんな下品な運転は見ることは無いものですから、XYLと唖然としておりました。

まぁ、そういうクルマの運転者を振り返ってみると、「あぁなるほど」という感じのいかにも日本国のGNPを押し下げていそうな連中なのですが、地方はそういう人が多いのだろうか?

ところで、よく、「格差」だ「地方切捨て」だと騒ぐ人がいますが、あんな連中にガタガタ言われたくないものです。 読売新聞のある海外特派員曰く「この国(某旧東欧)の運転マナーは最低。 運転ルールを守ることと交通マナーは日常生活の最低限の常識。 つまりそれすら守れないこの国は、世界にまともな国として認められるのは難しい云々」
この某国同様、日本の当地方もそういうきまりを守れない人が多いのでしょう。 そういう連中も国の予算で守ってやらなくてはならない。

都市部のきちんとした生活をしている高額納税者はさぞ不愉快だろうな。 わたしもZLで数世帯の不真面目無就労家庭を養育できる額を毎年納税していた頃は本当に腹が立ちましたよ。

日本にかぎらず地方の人はお気楽だ。
広い家に、渋滞の無い車通勤。 競争の無いお気楽な仕事。 会社が潰れても実家の農家(補助金まみれ)を手伝えばいいや。法律はあからさまに無視。 だしなぁ

かたや日本の都市部の人の生活を見てよ。 社内競争でサービス残業当たり前。 通勤電車で往復4時間。 家は猫の額どころか蟻の運動場の庭も無く、せこい集合住宅はフェラーリより高い。。。 田舎の人が羨むほど素敵な生活ではないし気楽さは無い。

交通ルールといえば
近所の道路はバイパスも含めてほとんど50Km/h規制。 ところが法律を守って走って居ると後ろで急ブレーキの音を聞くことは珍しくありません。

私も、この国の速度規制はおかしいと思います。 が、法律を無視する事に慣れて、路地裏の通学道路を50Km/hで突っ走る愚か者を見るに付け、おかしい速度規制を維持しないと日本の道路はケイオスになりかねないのではないかとも思います。

法律は守りましょう。 法律が気に入らないなら変えるべく運動しましょう。
あなた一人の事情で法律は変わりません。

法律を守って はーたーらーけー。 (給食費も払えよな。 税金もな。)




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ