ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む
各国台風進路予想足柄地方ハザードマップ

2022/1/20

マシン壊れた!  大道具小道具Gadjgets

クリックすると元のサイズで表示します

我が家のキッチンのネスプレッソマシンは2台。
クラシックカプセル用のラティシマプロとバーチュオ2型のネクスト。 どちらも毎日数杯づつ使用しています。
「機械物は使っていれば故障しない。損耗部分の交換だけ必要。」というのは家電製品の常識です。
で、2台共同時に故障した。。。

ラティシマプロはカプセルケージの閉鎖不良で、ケージの交換が必要と思われます。工業用プラスチックだから摩耗しにくいんだけどなぁ。 

(工業用プラスチック=ABSのように70℃あたりから柔らかくなる低温熱可塑性ではなく、180℃とか260℃とかの温度に耐えるフッ素系やポリアミド系の樹脂でさらにガラス繊維を混ぜ込んであったりします。 樹脂製拳銃や小銃のフレームなんかもこれらでしょうね。) 

まぁ摩耗したところは替えてもらいましょう。 修理料金運賃込で11,000円也。 流石に延長保証期間も切れております。

まだ1万杯使ってない。 カプセルケージ周辺が故障破損したのはD290のカプセルイジェクターか初代のラッティシマ以来ですから16年約12台のクラシックカプセル用ネスプレッソマシンを使ってきて、たぶん3度目の抽出部故障ではないかと。 
それくらいクラシックカプセルの抽出部の設計製造は鉄板です。

一方バーチュオは導入以来2年弱で、これで2度目。 2代目のバーチュオはポンプの組付け不良でウルサイのなんの、でしたが、とうとうお亡くなり。 2度ともカプセルバーコード読み取りエラーでした。

で、
普通、中1日で完了するネスプレッソの修理が「ラティシマプロの修理は1週間かかります」なので、現下の状況では羽田の修理センターも大変なんだろうな。 
と同情します。
バーチュオは今回も新品交換。 修理が超めんどくさいか部品欠品か? もう、どこの会社もサプライチェーンが破綻していて大変ですね。

ネスプレッソは修理の際に代替機を貸してくれます。
コールセンターさん「代替機はどう致しましょうか?」
PGJ「他に3台あるから大丈夫です」
コールセンターさん「データベースで見ると、たくさんお持ちですねぇ!」

ということで喫茶室のLeCubeが大活躍 シリアル見ると2006年製だよ。 お達者クラブ。

クリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ