ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2021/7/31

ボンネットダンパー  クルマ/バイク/乗り物

NDロドスタのボンネットダンパーを交換しました。

従来付けていたダンパーはボンネットが歪んで浮き上がってくるので撤去して、Trustの物に替えました。

さすが国内ブランドだけ合って「きちんと考えているなぁ!」です。

ボンネット側の取り付け位置がヒンジのそばに来ないので、ボンネットに無理がかかりません。

クリックすると元のサイズで表示します 白矢印がTrustの取り付け位置
黄矢印が従来品の位置。


クリックすると元のサイズで表示します

アクティブボンネットの受け位置にボンネット側のボールジョイントを付けます。 
ここは要トルク管理なのでトルクレンチを使います。 ものすごく締め付けは弱いです。(8.83Nm) 

クリックすると元のサイズで表示します
ボディ側はあの穴にベース部品を入れて、ボールジョイントをネジ止めします。

要注意なのは2点。

取り付け時にベースを誤って落とすと拾い上げるのが大変なので、紐なり針金なりで縛っておきましょう。
クリックすると元のサイズで表示します

ボディ側の取り付けは6角ボルトではなくフィリップスネジなので普通の+ドライバーでは締め付けトルクが足りません。 板ラチェットでドライバービットを回して締め付けましょう。 写真はおにぎりドライバだけで締めたのでボールジョイントがズッてしまったところ。 
クリックすると元のサイズで表示します

PGJの赤ハンドルの平ラチェットはどこかにでかけたときに緊急避難で買ったものだけど、これも車載工具に移して、ツールキャビネット用にKTCをポチしようと思います。

ビットはPBの物が丈夫で電動ドライバでも使い倒せるのでビットなしでOKですが、皆様には下右のセットがおすすめ。

この作業は結構緩みやすい、緩むと悲惨なネジ/ボルトを扱いますのでネジロック剤(下左)が不可欠です。


クリックすると元のサイズで表示します

ともあれ完了。 結構ガスが強いので勢いよく閉めないとボンネットがロックしません hi

クリックすると元のサイズで表示します

取説、部品の表示とパッキング、はどれも懇切丁寧です。 実に値段に正直。
流石に外したダンパーはボンネットがよじれると分かっていて他人に差し上げるわけにはいかんので捨てます。 hi




Link to: PGJのマツダ ロードスター NDRF-RSのページ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ