ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2021/4/20

タイヤ空気圧センサー  クルマ/バイク/乗り物

始業点検してれば大抵の故障は見つかるもんです。 
馬鹿にオイルを食う歴代のアウディに乗っているとエンジンオイルの量はしょっちゅう見ますし、下手をすると1日で3mm削れるブレーキパッドのS1やTTは出先でも覗き込んでいました。 もちろんタイヤの空気圧は1か月に一度は図っておりました。 スポーツ車の挙動はタイヤの空気圧に敏感なもんで。 そもそもタイヤのトレッド残がドンドンなくなっていくのでねぇTT(8S)もS1(8X)も。

去年だったか一昨年だったか、Audi乗りのグループで「タイヤの空気圧センサーが無いモデル(TTとか)はタイヤの空気圧どうしているか?」という話題があって、「そんなもんタイヤゲージで測れよ」という意見と「持ってないから燃料スタンドで」という現実と、「後付けタイヤ圧力モニターがあるよ」という情報に接しました。

そもそも、スタンドで温まったタイヤに規定値で空気圧調整すると圧不足になるんですけどねぇ。

PGJはオートバイ乗りだった前世紀から圧力計で冷間時のタイヤ空気圧を見ているので、いわゆるスポーツ系に乗っている人の中に圧力計すら持って居ない人が居られる方に驚きました。 1,000万とかするクルマなんだから道具くらいケチるなとは思いますが、見栄とはったりなアルベル乗りのアジアンタイヤと同じ感覚なんだろうなぁ。
タイヤ圧力計なんて 今じゃ安くなって1万円(下左)でおつりが来ますよ。

     

計測機器なので車に積みっぱなしにしていると誤差が出るのでNDには安いの(上中、上右)を積んであります。 ここまで安いと校正に出すより定期的に買い換えた方が安いですし。

タイヤって意外と個体差があって冷間時に4本同じ圧に合わせても、タラーッと高速道路を走っただけでも4本が同じ圧で高くなっていることはありません。 ワインディングで前だけに負荷とか右だけに負荷が高い、とかいうのならまだしも、ほぼまっすぐに走っても差が出ます。 標準180kPaだとしたら200-210kPaで多くて2-3%バラつくような。
というわけで、PGJは平均的にタイヤが温まったら、温まったところで空気圧を均等にします。  だからゲージを積んでいるわけです(こうすると冷間時の圧がばらつきますけど、実用上問題ないので無視)。
順番としては 冷間時に指定圧力で調整、一定走行後温まったところで再測定、温まった際のタイヤ空気圧の中から一つを選び、ほかの3つをその圧に調整。 再度冷間時の圧を測り1本でも規定より低かったら、規定より5-10%増しで空気を足し、再度走行後に測り調整します。というところですね。

さて、無線式の「後付けタイヤ圧力モニターがあるよ」は教えてもらったので、XYLのジムニーにもPGJのTTロドスタにもつけました。 便利といえば便利。 AWDだとエア抜けがわかりにくいので導入した次第。

もっとも後輪駆動の車はスローパンクで左右の空気圧のバランスが狂うと低い方のタイヤの転がり抵抗が増えるのでアクセルオフ時に低い側へ車がブレますから、トラックタイヤでもなければエアが抜け出してくるのはわかります。 ましてフロントはスローパンクでさえ抜け始めた方へハンドルを持っていかれますから容易にわかります。 

今はFRのNDロドスタにクルマを変えてしまったのでタイヤ圧モニタは無くてもいいのですが、「まぁせっかくあるから。」と思って付けています。 ちなみに英国仕様のNDロドスタには標準でパンクセンサが付いているそうです(差動検知式だと思う)。 もっとも「誤作動がひどいんで日本仕様にはついてません」と神奈川県内の松田正規ディーラーが言ってましたが、本当かねぇ? 

クリックすると元のサイズで表示します

通販で手に入る無線式タイヤ圧モニターは殆どが電波法違反の無届無線機器なので選ぶのが大変。
一応PGJのは総務省への届け出は出ているものです。

タイヤ空気圧モニタや自動車のリモコンキーって315MHz帯なんですねぇ。

さて、その精度ですが、きちんとしたメーターで測った値と比べると差が出ますが、タイヤの温度(温度計もついていて、TTの時は600℃に焼けたロータの余熱でオーバーヒート警報が鳴ってうるさかった)と「出先での駐車中の大幅なエア漏れが分かればそれで良い」くらいのつもりで付けているので、10%くらいの誤差は無視しています。

クリックすると元のサイズで表示します

昔はパンク予防剤というものを使っていました。 始業点検しない人やタイヤの空気圧の変化に鈍感な人は、それも手ですね。 あれ、効きは良いですから。 ただ、タイヤ交換の際にデロデロになるのでタイヤ屋さんは嫌がるのよね。
 
タイヤの空気圧と言えば未だに窒素を入れる人がいますね。 気持ちを加速するんでしょうけどねぇ。 まぁ気のもんです。 私は乾燥空気で十分です。 

で、このTPMS 未開封新品技適OKが1式余ってます。
ほしい人に差し上げます。

4月22日 10:00追記
行先決まりました。



Link to: PGJのマツダ ロードスター NDRF-RSのページ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ