ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2020/10/16

わうさまのA1スポーツクワトロ  クルマ/バイク/乗り物

   クリックすると元のサイズで表示します

わうさま曰く「なぁ下男(PGJのこと)、お前いつまで代車に乗っているんだ?」
PGJ 「いつまででしょうねぇ。 あの代車、わうさまのA1よりマシなのはエンジンがついているくらいですよ。」
わうさま「そうか。そうか。 ならワシは乗らない。」 「また箱根にワシのクルマで走りに行きたいなぁ」
PGJ 「わうさま。 エンジンの京塚達の給料上げてやらんと押してもらえませんよ。」
わうさま 「はぁ?」

クリックすると元のサイズで表示します

この代車、東洋自動車のMazda3の1.5Lです。 サラッピンの新車だそうで室内にプラスチックカバーが残っていました。

スタイルは良いのでTTの入れ替えでMazda3の2リッター6MT-4WDを考えたんです。
でも、このFF1.5-ATはお勧めしません。 1.4tonの車体を82kW+トルコンATでは満足に動かせません。 加速しない、エンブレ効かない。
クルーズコントロールで70km/hで設定しても下り坂では80km/h超え、上り坂では65km/hに満たず。 小田原厚木道路でです。

昔から「登り坂になると失速する散漫運転野郎!速度メーターを見ろ!」とXYLと悪態をついているのですが、安い自動運転は満足に速度維持もできないというのがわかりました。
国産車の場合、自動運転が出てきても駆除できるのは60km/h道路を30km/hで走る老人位なもののようです。
アウディのクルーズコントロールは安定していたもんですがねぇ。 まぁ値段が倍違いますがhi

クリックすると元のサイズで表示します

国内メーカー各社共「実用化」できるの? 





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ