ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2018/6/12

夏の餌  庭の生き物たち

梅雨の晴れ間 と云うやつです。
生け垣を剪定し、芝生に選択性除草剤を撒き、砂利にラウンドアップを撒き、猫よけ装置の電池を替え。 猫の額の割に忙しいことです。

クリックすると元のサイズで表示します

庭をひっくり返すと、庭の常連が動物性蛋白を求めてやってきます。
クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

結局、粉々にしたクラッカーの方が楽らしくて、エサ台でとぐろを巻いていました。
PGJが学生の頃は、野鳥に夏に給餌するのは生態系を乱すとか言われていたもんですが、昨今は「野鳥は栄養バランスを必要に応じて摂取しているし、夏の給餌依存度は低いので、気にしなくていい。」になってきたそうです。

そうですね、撒いておいても夏は常連が数羽来るだけです。 冬は数十羽が団体さんで入れ替わり来ますからね。 そういうことなんでしょう。

そう言えば、先日はアマガエルを咥えていました。 あれ、どうやって食べたんだろう。。
いくら雛がいる時期はタンパク質が必要だとは言え、あのくちばしでカエルを裂けるわけもなく。 ??




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ