ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2017/10/19

スーパーカブ出戻り  クルマ/バイク/乗り物

カブ 50代以上の人で乗ったことのない人は居ないでしょう。
田舎ではこれでリアカーを引っ張ったリしていましたね。



一億台だそうです。

さすがにZLでは見ませんでしたが、HS(タイ王国)では現地生産を含めウンカのような数のカブが走っていました。

残念ながら 当時の写真がない

ともあれ 1億台 おめでとうございます。



今度のモデルは発売当初の丸い感じが出ていていいね。 タンデムできる110 ちょっと欲しいなぁ。 欲を言えばクロスカブのタンデム仕様がほしい。

で、このカブから熊本工場での国内生産再開。
人件費がよほど安いのか? ホンダの購買は円ではなく銭でもなく厘以下の単位で単価を語っているそうですから、、、
噂では中国工場製カブでヘビーユーザー業界からの苦情の多さに音をあげたらしい。 工業品の品質って工程の作業品質、購入部品の品質、それを踏まえた設計が最低限揃ってないとNGなのですが、ホンダは5年かけて中国で実現できなかったのかねぇ。

まー、一般ユーザーとしては願わくば110に鮮やかな色のモデルを導入してください。
2台買って、二個一ってYSRの時に二組作ったけど 結構めんどくさいのよ。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ