ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2017/10/22

救急カバンを作りました。  大道具小道具Gadjgets

地震地震と脅かされ続けた静岡県民でもありましたし、先祖代々大地震で家が潰れている南関東の出身でもありましたので、311の地震が起きる前から我が家には食事燃料簡易便器などの非常用キットがあります。 水も発電機も灯油やガスによる暖房もあります。 
それらの更新をしながらXYLと「そう言えば、我が家には持ち出せる救急箱がない。」 
風邪薬だの、ビタミン剤、カットバンレベルは食堂の引き出しに有るのですが、そう言えば、包帯も三角巾もないし、まとめて持ち出せる状態ではない。 

というわけで、
東京都の http://www.tokyo-eiken.go.jp/kj_shoku/qqbox/qqbox/qa31/
を参考にいろいろ買い求めました。  10月22日更新 hi

クリックすると元のサイズで表示します



あと、切った張った引っこ抜いた用の道具に以下のどれか これは未定。


というわけで、こうなりました。 
クリックすると元のサイズで表示します

で、カバンはパンパン。
クリックすると元のサイズで表示します

残りは、カメラ保存に使っていた弾薬箱がドライケース導入(右図)で余ったので、それに入れるかねぇ。

エルモMサイズではエタノールスプレーやヘッドライトが入り切りません。 
常備薬や懐中電灯、消毒薬増量、などなど考えるとLサイズのほうが良いかもしれません。



コンタクトレンズとメガネも入れておかんとね。





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ