ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2017/5/28

JR東海 鉄道博物館  観光物見遊山

先週は休暇でして(去年分の夏休み)。
前々から気になっていた中京圏に行ってきました。
順不同ですが、色々とご紹介いたしましょう。

リニア鉄道館へ行ってきました。 レゴランドにしようかと思ったのですが雨天の為、こちらに変えました。 もっともレゴランドはOZの(デンマーク王国)の本家へ数え切れないほど行ったしねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します
旧、現、未来の代表的高速旅客列車がお出迎え。

クリックすると元のサイズで表示します
C62の機関室。 あんな厄介な機械(ボイラー)に車輪を付けて走らせたんだから蒸気機関車とは大したもんです。

クリックすると元のサイズで表示します
左のトンガリバナ100系にはほぼ乗った記憶がありません。 田舎の肉屋でローカルな仕事をしていた時代で、出張などほぼなかったしねぇ。 ついでに日本にも居なかったか。。

クリックすると元のサイズで表示します
日々通勤でお世話になっております700系。
下から見ると大きいですねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します
これ開業当時のダイヤ表です。 1時間にひかり-こだまが各1編成のみ。 のどかですねぇ。

下が現在
クリックすると元のサイズで表示します
のぞみと ひかりと こだま で1時間15本だそうです。
静岡までのこだまを夕方に増発してほしいのだがなぁ。 あるいはひかりを夕方は静岡まで各駅に停めて欲しい。 のだが、これを見るとなかなか大変そうではあります。
リニアが開通すると解決するだろうけど、こっちは隠居しているよ。hi

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは動力台車。 万世橋時代の鉄道博物館にもありましたね。 マスコンを回すとモーターが回るという展示。

クリックすると元のサイズで表示します
こちら2階建て新幹線食堂車

クリックすると元のサイズで表示します
内部

クリックすると元のサイズで表示します
そしてメニュー
80年代後半。 高いねぇ。 当時のPGJにはとても払えん値段だね。

こちらは厨房
クリックすると元のサイズで表示します
マイクロウェーブオーブン1つだけでよくやってたもんですね。
感心するのは換気です。 あの高速で走る車両からよく適切な排気ができたもんだと思います。
そこいらの説明はなかったですけどね。

クリックすると元のサイズで表示します
在来線展示もありまして
「これで茅ヶ崎から東京まで通勤したねぇ 若かったねぇ」とXYLと二人で話しておりました。

クリックすると元のサイズで表示します
これにギュウ詰めで1時間立ち放しですから、若くないとできんです。

クリックすると元のサイズで表示します
ユニークなところでは「建築限界確認車」 
ぶつかったら不合格という実にわかりやすい仕組みです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはW(米合衆国)から輸入されたED11

クリックすると元のサイズで表示します
ホジ6000 蒸気動車 屋根の出っ張りは煙突で、蒸気機関がついている客車という珍品。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはタブレット閉塞電信機 田舎もんでないと知らんだろうね。
相模線で使っていたのを見ながら通学していました。

クリックすると元のサイズで表示します
蒸気機関車の展示も
気動車の展示もあります
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

忘れてはならないお楽しみは、
クリックすると元のサイズで表示します
大ジオラマ

大きい 本当に大きい
で芸が細かい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
夜は保線工事もします。

クリックすると元のサイズで表示します
花火も上がります。

抽選で新幹線シュミレーターも試せますし、リニア新幹線の説明もあります。
こちらは豚小屋の中を走っていると某政治家に言われた時代の実験機。

クリックすると元のサイズで表示します

ミュージアムショップはグッと来るものがなかったけど、こんなものを買ってしまった。hi
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
平日に行けば、このようにガラガラです。

いってらっしゃーい。





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ