ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2017/3/9

ミラーレス一眼 更新  大道具小道具Gadjgets

2010年に導入したミラーレス一眼Lumix-GF1。 流石にあの後付電子ファインダー(EVF)で単焦点レンズをマニュアルで使うのには往生するので、7年振りに新型機を導入しました。 
クレジットカードのポイントが山ほど溜まっていたのでXYLが「amazonポイントに切り替えてお使いなさいな殿様」。
PGJ「わーい」 

クリックすると元のサイズで表示します
     左GX7mark2   右GF1

クリックすると元のサイズで表示します
GX7mark2とFM2を比べるとこんな感じ。

FM2より、「やや小さい」程度。

ただし、これがGX8となると
クリックすると元のサイズで表示します
       クリックすると元のサイズで表示します
明らかにGX8が、馬鹿でかい。 レンズはマイクロ・フォーサーズだから小さいけれど、持ち歩きカメラでこのボディのデカさはないだろう。 

というわけで、GX7mark2にしました。

色々比較してみましたが。
マニュアルとオートを頻繁に切り替える人はGX8の方が使いやすいでしょう。 大きいぶん、スイッチが多くて使いやすい。 
GX7mark2はファンクションボタンがいくつかあって、それに機能を割り振れるのですが直感的には使えない感じ。

PGJの様に銀塩フィルム一眼レフやデジタル一眼レフと交換レンズを数本以上持っている人はGX7mark2が良いでしょう。 「一眼レフとコンパクトの間」と云うマイクロ・フォーサーズの本来の立ち位置を楽しめます。

一方、コンパクトカメラしかありません。あるいは写真はスマホだけ。と言うような方にはGX8は一通りの目的をカバーしてくれる良いカメラでしょう。

GX7mark2もGX8もボディ防振内臓なので、防振でないLumix-Leicaの15mmや25mmやLumix20mmのレンズを付けて暗いところで使ってもそこそこ撮れます。 Lumix-Leicaはただでさえ明るいレンズなので当たり前といえば当たり前。


さらにマイクロ・フォーサーズ/ニコンFマウントアダプターを使うとニコンレンズ資産が便利に使えます。 ボディ防振様様。 これは双方とも同じ。







ちょっと試し撮り

クリックすると元のサイズで表示します
GX7mark2 F1.7 15mm

クリックすると元のサイズで表示します
GX7mark2 F1.7 15mm

クリックすると元のサイズで表示します
GX8 F1.7 15mm



一週間で1万円下がった気がする。 値段もこなれてきました。 如何?皆様。





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ