ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2016/10/22

秋は剪定のシーズン  ガーデニング

暑い夏もやっと終わり。
さぁ 庭がある皆さんは剪定のシーズンです。

昨年の秋は借り上げ社宅で庭の面倒など見る必要はなかったのですが、今年はそうはいかん。
というわけで、切った刈った半分ほど立木を刈り込みました。

昨晩「よし、切ろう」とアマゾン様で電動ノコをオーダーし、今朝10時に到着と同時に作業開始。
注文したのはZLで使い慣れたブラック・アンド・デッカーの電動レシプロノコギリ。

XYLはZLのポリテクで産業園芸学で暇つぶしした際にチェーンソーの使い方を習い、いろいろ知っているのです。 その彼女がチェーンソーは片手では使えんし、胸より上に上げて使うと危ない。 電鋸にしとけ。 というのでレシプロノコギリにしたわけ。


これです

片手で使えるし、チェーンソーより安全です。

なんだかんだで45リッターゴミ袋に10袋。
エゴノキとカエデ。 どちらも伸びるのが早いとはいえ、随分でました。

飛び散った葉は掃除機で吸って、都合XYLと二人で3時間で芝刈りまで終わりました。
動力ガーデンツールはありがたい。




残ったカエデ2本はまだ青々としています。

紅葉になったら、友人共を招いて紅葉狩りの宴席をしてから丸刈りにしてやろうと思います。

さて、
下はXYLが450リッターの枝と葉っぱの残骸から選んで立てた立花です。

美しいね。

クリックすると元のサイズで表示します

そうそう安全装具はお忘れなく

       




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ