ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2015/4/27

ボシュロム双眼鏡  大道具小道具Gadjgets

学生時代 ニコンの7x50IF双眼鏡が唯一の私の高価な光学機器でした。
当時、タカハシの60mm超の双眼鏡やNikonの70mmは「夢のまた夢」
ZeissやLeicaに至っては一生縁が無いと思っていたもんです。

そのころボシュロムも映画産業用レンズや双眼鏡を作っていたもんですが、日本では代理店が無かったと思われ、店頭で見ることはありませんでした。
天文雑誌で名前を見るだけでした。

で、図らずも入手できたのがボシュロム7x35

        クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します
       1960年前後の製品なのにケースがついてきました。 Bousch and Lomb

      クリックすると元のサイズで表示します
      ニューヨークで作ってたのよねぇ。
      今はほぼコンタクトレンズしか作ってないけどさ

     クリックすると元のサイズで表示します
     ロゴが今とまるで違いますね。

    クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

先日のマッカーサー当時の日本光学製同様カビが無い。
太古な双眼鏡買うならアメリカや欧州だねぇ。

二次大戦中のボシュロム50mmIFなんて結構見れますね。 ebay
http://www.ebay.com/sch/i.html?_from=R40&_sacat=0&_nkw=Bouasch+and+Lomb+binocular+WW2&rt=nc&LH_Auction=1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ