ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2006/2/27


「昔、『これは素晴らしい』と思いながら買ったガラス器が、今よくよく見ると『なんで、こんなガラクタ買ってしまったのだろうと思う事がよくある』んだよね」とは、私の上司のガラス器に関するお言葉。

そうなんですよねぇ。 私も1980年代に初めてOZに長期出張したころに購入したガラス器がありますが、ま、率直に言って「思い出は100万ドルだけど工芸品としてはガラクタ」なものが多い。

日曜日にJA1の笠間へ陶器を見に行ってきました。茨城県の笠間はお稲荷さんと焼き物で有名な土地です。 その昔、日本で暮らしていたころにはPGJの予算の外で見もしなかった作品を見る機会を得ました。

笠間ならぬ、東京23区内で生産されているこの切子(江戸切子は着色しない説もあるが)。 お見事な精密なカットです。

クリックすると元のサイズで表示します


これを見ると、今まで使っていた硝子のぐい飲みがガラクタに見える。
冒頭のわが上司曰く、「目が肥えて来て良し悪しがわかるようになるんだよね」。 まったくそのとおり。

高速道路が開通して都心からでも笠間まで2時間前後。 隣の益子と合わせて、焼き物や硝子物が好きな人には良い観光地です。 ついでに筑波山でUHFの移動運用をしても楽しいのでは? 




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ