ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2013/6/21

DBローカル線  観光物見遊山

20年ぶりくらいでDL(ドイツ連邦共和国)のシュバルツバルト線に乗って旅行しました。
今回はSigmaringenからOffenburgまで乗ったり降りたり。

その昔のぼろ列車もだいぶ内装がよくなっておりまして。

まず
便所がボットンでなくなった。 ちゃんと真空式水洗。

クリックすると元のサイズで表示します
ただ、やたら壊れているのはなぜだよ。 整備点検マニアのドイツ人はどこへ行った?

クリックすると元のサイズで表示します
どこの国でも機関車は同型を作り続けるもので、「あら お達者で」 
ローカル線客車も外装はたいして変わらず。

クリックすると元のサイズで表示します
こちら二等車、すっかりリノベーとされシンプルできれい。

クリックすると元のサイズで表示します
一等車はコンパートメント式で、ちょいとノスタルジックです。

こちら自転車車両。 すごく便利になっています。 
昔は自転車ぶち込むだけだったけど、折り畳み式の座席もついた。

クリックすると元のサイズで表示します

ビストロカーも需要が出てきたようで

クリックすると元のサイズで表示します

一方
クリックすると元のサイズで表示します

この、年寄りと乳母車を拒む構造は変化なし。

クリックすると元のサイズで表示します

むろん、あれよあれよという間に周りから手が出て上げ下ろししていますけれど。





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ