ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2005/11/22

ワークスレストラン  外国暮らしの食生活

ギズボーンの港の脇にワークスというレストランがあります。 細々自前のワインを造っているどちらが本業か分からない店です。
JAからお客さんがこられたときに夜お食事にご招待できるのは、ヨットハーバー脇のカフェバー、カヤック着き場脇のマリーナレストラン、そしてここワークスです。
あとはギズボーンでは接待に使えるまともなレストランはありません
ギズボーンを商用で訪れて、これ以外の場所でしか晩御飯を食べさせてもらっていない方は、、、 残念ながら大事なお客様とは思われておりません。hi

私の日本人の仕事上のお客様たちは「鶴田家の飯が食いたい!」と言われるので、我が家にご招待ですが、これは例外。
ギズボーンでの外食は日本人のなかで良いものを食べつけた人には、「安くて不味い」「重くて高い」「雰囲気だけはいいけど。。。」なので、自分たちでワザワザ「ディナーを外食で」とは思わなかった。
(だからカレーを食べにクライストチャーチへ飛んだりするわけで)

クリックすると元のサイズで表示します

でこちらの建物、前述のワークスです。 「2年前は値段はともかく、重くて大味」だったメニューがすっかりモデルチェンジして、小盛りで小ぎれいでおいしく進化しました。

クリックすると元のサイズで表示します

             こちらは蒸した魚介のサラダ。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはベニスン(鹿肉)のステーキ。

なんでわざわざワークスへ食べに行ったか? ZL2RI Steveが夫婦でご招待してくれたのでした。  招待してもらわなかったら進化したワークスにはお目にかかれなかったわけで。おいしかったよ、ご馳走様Steve VY-TNX。

ワークスの名前の由来はミートワークスの建物を再利用したレストランだから。 昔、ここは港に隣接の家畜屠殺解体精肉工場(ミートワークス)だったのです。 ギズボーン港の最大出荷品が羊の肉だった時代のお話です。 
現在の最大の出荷品は材木です。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ