ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2012/2/27

クレー  話の種 ミニ

クリックすると元のサイズで表示します

ご存じクレー射撃の的。 飛行標的です。
廃屋タイムマシンから出てきたところを見ると教習射撃で拾ってきたのではないかと思います。

    クリックすると元のサイズで表示します

これを試しにおもちゃの鉄砲の6mmのプラスチック弾で撃ってみると。
穴だけ開いて、欠片が散るだけ。

       クリックすると元のサイズで表示します

貫通した側からみると、このように大きく壊れていますが、クレー標的自体は割れていません。

クリックすると元のサイズで表示しますクレー射撃の弾は2mm程度の粒で構成されているので、それこそ数粒当たっただけでは「皿」は割れません。 
と言う訳で、クレーを割るには10粒くらい当たらないとだめだそうです。
割れないと「命中にはならないから」広がる散弾パターンの真ん中でクレーをとらえるように撃たないといけません。

とは、警察庁保安部様の教科書に懇切に書いてありました。

ちなみにクレー、名前の通り粘土かと言うと、現在は石粉等を樹脂で固めたもので作られております。 射出時の力に割れず、弾が当たったら明確に割れる事が求められておりまして、そこそこハイテク。








※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ