ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2011/12/27

お役立ちリアカメラ  クルマ/バイク/乗り物




A3のリアカメラが、早速とらえた凄い映像。

空荷トラック。

黄色い信号は「急停止せず止まれるなら止まれ」であって「注意しながら進め」ではないわけで、PGJは減速する。

トラックは赤に変わる前に突破しようと加速する。

ま、結果は映像をみてちょ。


救いは彼が車間距離をとっていたことですかね?




2011/12/31  14:45

投稿者:ZL2PGJ/7L2PGJ

規則なら気持ちよくやろう
と云うのと、
譲るのが文明的
だという思想ですね。

ある日、信号のない横断歩道で小学生を待ってあげたら、後ろの車がPGJを無理無理抜いて対向車線で横断歩道上の小学生と衝突しそうになり、急ハンドルで歩道へ突入、さらにそこへ対向車が来て。。。 混沌

リアカメラを付けてから、べったり着いてくる車は減りましたねぇ。

おととしは年末に追突されてひどい目に遭っておりました。 これも渋滞で青信号ではあるものの進めず停止線で止まっていたら、後ろからドカン。

とりあえず生きております。

http://www.zl2pgj.com

2011/12/28  13:26

投稿者:uzoh

上の子が5歳くらいのころ

ホノルルでベビーカーで移動していて感心したのが

「信号に関係なく、横断歩道に関係なく」

道を渡りたそうにしているベビーカーがあれば止まってくれること。

それもニコニコしながら率先してやっている感じで、決して交通規則だからと言う感じではなかったこと。

逆にそのせいで歩道でベビーカーを道路側に向けなくなりました。 
申し訳なくて。 
それだけで止まる車が実際に居たんだもん。


 その事で比べると日本の車のマナーって悪いよねぇ...


取りあえず追突されなくて良かったです。
お気をつけください。
自分が正しくても怪我したら損だからね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ