ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2009/11/21


徳政令やるんだとさ。
亀井の爺さんにひきずられる内閣ってどうしたものか。

借りた金は返しましょう。

PGJも本当に貧乏だったから借金はチョボチョボしましたなぁ。 当然サラ金はないが、サラ金の看板を見ながら「ウーム」と悩んだことはありました。
普通の人が子供ができるかできないかの年代にPGJは大学生を抱えておりましたので、いくら奨学金があり、特待生割引があったとはいえ、私学理系なんて学費以外にも大変でしたなぁ。

PGJが銀行に借りた教育ローンはとっくに返しましたが、XYLは、育英会に借りた奨学金をまだ返し続けています。
日本育英会の奨学金回収率が悪いという話題はもう10年以上から出ていますが、なにより返済方法が一括と定期定額分割の2種類しかないと言うのが阿呆。
「ちょっとまとまった金ができたから、その分だけ返そう」と思っても、「そういう仕組みはありません」そうですから。 
「300万しか年収がないから払えません」?。 おふざけじゃない。借金は返せ。 私等は貧乏時代にもちゃーんと返しております。 今もね。

新銀行東京を作ったときも犯罪組織に散々吸い付かれ大赤字を出したものですが、この徳政令でもどれだけの金が犯罪組織の資金源になるのか見当もつかんですね。

そもそも、ありもしないボーナスを当て込んだ借金をするのが悪い。 
放漫経営で時間管理、原価管理せず、5Sもできず、作業効率改善もせず、赤字垂れ流しで借金している馬鹿経営者が悪い。
(PGJは来年1社の下請けを切るかどうか考え中だからつくづく思う)

なんで、そこまで税金で面倒見てやんなきゃいかんの?




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ