ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

 

おすすめ記事  お知らせ


あっちこっち訪問記 
「HB9;ジュネーブトラムガイドとスイス国鉄」、「ZL;ホークスベイ観光ガイド」「おすすめお花見ポイント」、 「ホンダコレクションホール」 、「HB9航空博物館でお食事」「デンマーク;レゴランド」、 
無線以外の趣味 「PGJの趣味一覧」、 「Audi S1 Quattro」、「リリパットレーン知ってる?」、
話の種
 「カビ損、濡れ損、海上輸送ダメージ」、「厨房は食品工場ではありえない。

2019/8/18

求人力5倍!  文芸、映像

「求人力5倍!」だそうですよ。
今日、静岡市(JCC1801)の伊勢丹百貨店でたまたま見かけた、杉山雅彦という写真家の作品展。 強烈でした。
作品の撮影是非! らしいので 撮影してきました。

ほぼ合成無しで一発芸の写真撮影だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
楽しそうな職場に見えますね。
(グラインダー作業が合成でないなら、この船会社の労働安全レベルは鼻くそですが)

     クリックすると元のサイズで表示します
     元気が出そうじゃないですか! hi

クリックすると元のサイズで表示します
どこぞの造船会社

クリックすると元のサイズで表示します
どこぞの林業組合 プロテクター着用は文明的だ

クリックすると元のサイズで表示します
こちらイヤプラグはしてるの?というヤマハさん

クリックすると元のサイズで表示します
ヤマハ製品の部品の検査をする下請け企業さん。 
世の中知らない仕事があるもんです。

クリックすると元のサイズで表示します

「私の夫は船の通信士で一度出ると3ヶ月は帰ってこなかったわねぇ」と語るご老人。
「昔のことでしょトンツーよ。」 多分店員さんは「トンツー」の意味がわからないと思います。 hi

撮影は この方
   クリックすると元のサイズで表示します
http://pspeace.net/

労働安全の基礎を覚えたら仕事はもっと広がるでしょう。
楽しい写真でした。

2019/8/17

甲府盆地青物  観光物見遊山

台風一過 朝一に箱根外輪山モーターウェイに走りに行こうと出かけたら、
下界は晴れでしたが上は雨と濃霧でした。 台風一過の椿ラインはジムニーで走ったほうがいい有様になるので、本日は箱根を見捨てて甲府盆地へgo。

クリックすると元のサイズで表示します

ZLではイースター休暇に言われましたが、日本ではこの死者の週間に言われるべきでしょう。
「満足に運転もできん下手くそが道路に溢れるぞ気をつけろ!」。
こっち河岸から彼岸へワープしたいのかと言うような運転の佛弟子の多いこと!
そんな、人々をかい潜り、みたまの湯へ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さすが夏だけあって、視程が悪いですね。
ま、晴れているだけマシ。
ただし山の上の温泉で気温30℃。 わーーーー

クリックすると元のサイズで表示します
戦利品 トウモロコシは7本パック
シャインマスカットは温室ものなので ちょっとお高い。 でも1800円。

クリックすると元のサイズで表示します
キクラゲって、原料状態で買ったのは初めてです。

昔はXYLと80cc2台連ねて38℃の甲府盆地を走ったものですが、今はとてもできません。
ともかく甲府盆地は暑い!
本日は 当然のように屋根は開けませんでした。 アウディTT

2019/8/11

箱根駒ケ岳ロープウェイ  観光物見遊山

箱根駒ケ岳は現在アクセスできる場所としては箱根最高標高地点で、芦ノ湖全体と富士山、太平洋を眺望できる場所です。
この山頂にアクセスするルートは大涌谷火山の立ち入り規制の影響でロープウェイしかない無いという山男山女には残念な山ですが、そのロープウェイが今週は7時からの早朝運行をしています。
「夏は朝しか富士山が見れない日が多いから。」 なんですねぇ。
https://blog.princehotels.co.jp/hakone-en_ropeway/2019/08/post-4.html

で、出掛けてきました。
ありえないことに今朝の芦ノ湖畔の気温が27℃、山頂でも20℃以上という有様で「涼しくなんか無い!」

視程が悪いとはいえ富士山は見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します

その昔スケートリンクがあった頂上には荒れた礎石が転がるエリアとお社があります。

クリックすると元のサイズで表示します
Ruinの方は、ほとんど下北半島恐山状態であります。
とは言え、このような芸術的執念の発露もあります。
クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します
Ruinといえば、ロープウェイを支える建物もヒビ割れだらけで崩壊しそうな感じですねぇ。

まぁ、とは言え、花は美しく咲いております。

クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

    山頂からTTを撮ろうとしたら
     木の陰だった 馬鹿だねぇ
     クリックすると元のサイズで表示します

さて、この早朝ロープウェイ券には日帰り温泉竜宮殿の無料入湯券がついておりまして。
入ってきました。
夏に温泉に入る人は少ないらしく 貸し切り

クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します

単純泉で効果効能は気分転換くらいしかないですが、これだけ空いていれば大いに気分転換です。 
ところで、温泉は「温泉法 第十八条」の定めにより源泉の成分を掲示することが求められております。 ご存知でした?
https://www.env.go.jp/nature/onsen/pdf/2-5_p_1.pdf
ついでに加水、循環している場合も掲示しないと違法です。 環境省の説明通り、温泉は有限貴重な資源ですから無駄にしてはいけません。 まぁ循環しすぎて湯の中のミネラル成分の殆どは人体由来の湯もあるでしょうね(いわゆる汗)。 
ついでに、法で定められた成分の掲示していない温泉施設は、公営のものの中にも結構あります。        

源泉とアンダーラインを入れましたが、湯が熱すぎて水で薄めて湯船の湯の成分が1/100になっても、循環しすぎて人体由来のミネラルが増えすぎても掲示は源泉成分。
意味がないような法定掲示でもあります。

龍宮殿。掲示はありました。 ご安心召され。
庭の管理は残念ですが。 
クリックすると元のサイズで表示します
草ボーボー

以上の2施設は箱根プリンスホテルと同様旧西武系。 西武系は作ったらあとメンテナンスしないの? というケースが多いですが、掃除とか整備とか除草とかなさると良いのではないでしょうかねぇ。

--------

駒ケ岳と龍宮殿の間にラリック美術館で朝食を摂りました。 さすがに気温30℃ではテラス席に出る気はしませんがテラス席は満員。 XYLと「いやはや奇特な事で」と感心しながら冷房の効いた室内で食事をしておりました。

クリックすると元のサイズで表示します

まぁ暑かったんでしょうし、いつもの客数より遥かに多い人出で忙しかったのでしょう。 ジュースもサラダもぬるい。hi  まぁ増殖曲線前に食べてしまうから良いのだけど料理には適温というものがあります。 17℃のオレンジジュースとか勘弁してほしい。

      クリックすると元のサイズで表示します

XYL曰く「ポーラ美術館はここまで外さないけどなぁ」、PGJ「あそこはどこぞのホテルが運営業者でしょ」。 ポーラはこちらでした。 
(とはいえ同じ小田急系ホテルでも山のホテルのレストランはかなりトホホで。)

これだけ回って、小田原駅周辺で買い物して帰宅して14時。
田舎住まいとはありがたいもんです。

で、明日は仕事だよ。 クソ。 hi

本日17時頃の渋滞マップ
クリックすると元のサイズで表示します

皆様 ご苦労さまです



2019/8/6

芦ノ湖花火終了  観光物見遊山

昨日は仕事を早仕舞いして、初めて芦ノ湖鳥居焼花火を見に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します

涼しくて綺麗でした。 空いてたし。

2019/8/6

オートゲート夏負け  大道具小道具Gadjgets

我が家の三協アルミ製オートゲートが設置18ヶ月あたりから異音を出すようになりまして。
音がどんどん大きくなるので修理を頼みました。
2年保証が切れるギリギリ。

クリックすると元のサイズで表示します

なんとまぁ
去年夏の暑さでグリスが流れてしまいシャフトが偏摩耗だそうで。
日本中で苦情が出ているらしく以下右端が対策部品。
シャフトの付け根に補強が入っています。 
でもグリスニップルが無いから、そんな根本解決にはなっていない気もしますが。

    クリックすると元のサイズで表示します

三協アルミは消費者からの直接修理依頼を受けないので設置業者に修理依頼です。
ちなみに保証書に保証の内容が書かれていないのは外構業界の常識なんですかねぇ。
そういえば外構業界の公取協ってないね。

家電だと保証書の内容は規約で定められています。
https://www.eftc.or.jp/code/notation/pdf/notation4_7.pdf

外構業界では保証の内容は小売店、問屋、メーカーの力関係で決まるそうな。 そんな不明瞭なことでは これからの世の中、やっていけないと思うのだけどねぇ。

2019/8/5

ジムニーATタイヤ  クルマ/バイク/乗り物

XYLのジムニーのSUVタイヤのマッド側のスリップサインが出そうなのでタイヤ交換。
今度はダンロップのATタイヤにしました。

まだひげが残っている状態なので性能はわかりませんが、キャラメルタイヤほどではないですがステアリングを切ると、ある程度舵角が増えてから一気に回頭始める感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しかし ジムニーのタイヤの安さよ。 

2019/8/4

箱根園花火  観光物見遊山

昨日は唐土からやってきた上司を連れて箱根観光。

残念ながら視界が悪く富士山どころか駒ケ岳も雲の中。視界を求めて山中湖まででかけましたが、かろうじてシルエットだけ。
夏の午後はだめですねぇ。
そういえばPGJは箱根では朝か日没時でしか富士山を見ていない気がする。 

関所やら箱根細工資料館やら見せて、かき氷を食べて hi

クリックすると元のサイズで表示します

かろうじて箱根園の花火で救われました。
小田原城も散歩したようだし。 ま、良しとするかな?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


2019/7/31

台風蕎麦  日本食べ歩き

今年は梅雨が長かったですね。
梅雨の間中TTが、やれブレーキだ、やれハブベアリングだと修理で使用不能であったので、しばらく乗っていませんでしたが、この週末も台風で。。
それなら!と台風の晴れ間をついて伊那谷へでかけてきました。

古物を見に行ったのですが良いものはありませんでしたので、気を取り直して定番のボタニカルアートを眺めにかんてんぱぱガーデンへ。

クリックすると元のサイズで表示します

嵐の前の静けさ。 お見事に晴れの長野県伊那地方。

   クリックすると元のサイズで表示します

こちらにボタニカルアートの常設展示がありまして。 四季ごとに入れ替えるので それが楽しみ。

我が家のダイニングルームの壁の絵は、そのコピーを毎月とっかえひっかえ。 今週から8月下旬まで馬鈴薯です。

クリックすると元のサイズで表示します

ミュージアムの前の庭園は花盛りです。

 クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

ブルーベリーのシーズン

クリックすると元のサイズで表示します

もう、食べつくされてしまったでしょう
10粒ほど おいしくいただきました。

(アウディ Audi TT Roadter)クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

おひるは定番 蕎麦でした。


2019/7/30


クリックすると元のサイズで表示します


寿?



元気よく電鍵叩いていたり、半田ごて握っていたりする老人はともかく。 生きていることに喜びを感じない人は
寿
ではないわなぁ。
そんな人々を背負いたくない。

2019/7/30

ドライビンググローブ  クルマ/バイク/乗り物

クリックすると元のサイズで表示します

ZLで浮き石で滑りまくるターマックのワインディングを当て舵をあてながらSW20-MR2で100km/hで走るにはドライビンググローブは必須でした。
爺になってくると、手が乾いてきてステアリングホイールを握る際にホールド感が落ちてきます。 という訳で牧歌的な日本の道路でもドライビンググローブが必要になってきました。

iPadナビゲーションなので、指先が出ていないといけませんからグローブの選択肢は限られます。 おまけに高い。 現在使用しているもの(上写真左)は諭吉が一人では片手しか買えない有り様。
しかも1年弱でくたびれてきて。。

この週末、偶々寄ったモンベルショップで山用のトレッキンググローブを見つけました。 見た目のデザインはともかくフィット感がよく購入しました。
ドライビンググローブとして使用する際は2サイズ小さい方がよいようで、私はSサイズです。 4000円! 安いのも魅力。

クリックすると元のサイズで表示します

https://webshop.montbell.jp/sp/goods/disp.php?product_id=1118295

2019/7/23

パンダの焼肉、ライチョウの焼鳥  日本の「やれやれ」な話題

クリックすると元のサイズで表示します

ニッポン人は鰻をまだ食べる気だそうで。
環境省はおろか消費者庁、はては文春までが
「いい加減にしろ」と言っています。
https://www.env.go.jp/press/16264.html
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/case/pdf/case_181029_0006.pdf
https://bunshun.jp/articles/-/10434?page=1

まさに貪食。 資源が枯渇するまで使い倒すと云うのは東アジアの共通項です。 中国と云い、日本と云い、水産業のみならず消費者も流通も頭悪すぎ。
我が家もニホンウナギがレッドデータブックに載ってからはウナギはやめました。 「他に食べるものあるし。 AUSビーフとかNZラムでいいんじゃない?」です。

しかもシラスウナギは密漁密輸がなければ、国内の養殖量がまかなえないらしく、「今や鰻を食べることは反社会勢力の援助に繋がっている」何て言う事態が発生するかもしれない。(すでに?)

クリックすると元のサイズで表示します

さて 上はXYLが買ってきた食材。 かまぼこ生地で作った「うなもどき」
「うはっははははっ! 二度と買わん」そうです。

皆様、鰻は完全養殖が確立するまでやめておきましょう。
私らが最後に食べた鰻重は一人前8000円。 まっとうな鰻重は今は諭吉超えでしょう。 1万円あったら 他のごちそうが頂けます。 ましてやスーパーマーケットで売っているカスウナギを食べて、ヨーロッパウナギの絶滅に手と口を貸さなくてもよかろうに です。

ウナギの蒲焼きなんて、江戸中期以降に出てきた最近の食材ですよ。 そんな「伝統!」て物でもない。
安心安全ならUSFDAやNZMAFが管理してくれている輸入肉でいいんじゃないの?
国産より遥かに安全。

2019/7/17

リア充  XYLの名言

讀賣新聞の記事
食前の一皿 アペテリィーボ
クリックすると元のサイズで表示します

XYL曰く「そんなもの、うちでは当たり前だ」
XYLの亡き父上の夕餉がそうだったので、私もそういう一皿以上を出していただいております。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



これらが1〜2皿出てくる我が家のアペテリィーボ。
ありがたやありがたや。

妻を娶らば7L2PGK


2019/7/12

なんの意味があるのだらう  ちょっと一言

クリックすると元のサイズで表示します

経済産業省が日本工業規格をやめて日本産業規格に名称を変えたそうです。 英語での名称はJapan Industrial Standardで変わりませんから、これからもJISです。

日本工業規格 とは言え日本特有を振り回すと非関税障壁と言われるので文明先進国の工業規格を「ほぼ」追っかけコピーしています。

例えば情報系電機製品の欧州の安全規準はIEC60950,それをコピーして一部省略し、日本固有の何かしらを足したのがJIS C6950。 桁数が違うところがクセモノで。。
JISは英語版がないので非関税障壁になります。 そこで経済産業省様は海外メーカーのかたにはIECとJISの要求事項を全部含むJ規格を出して「これが便利よ♪」と世界に向けて発信しています。 情報機器の場合はJ60950。
超悩ましいのは
JIS6950
IEC60950
J60950
がイコールでは無いところ。 JISが緩くて、IECが厳しくて、Jは両方満たすから超厳しい。 PGJは電機屋になった2009年に「どひゃー!」でしたが、これに引っ掛って経産省の試買で不合格になる製品の多いことよ。
日本の結構な大手電機企業も海外工場で開発した製品で地雷を踏んでいるんですとさ。(某社談)
最近は社名出さなくなったね。
https://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/after_distribution.html


2019/7/7

テイコウペンギン  文芸、映像

クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

「神のくせに相談室に頼りやがって」

笑わせていただきました。 




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ