ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

 

おすすめ記事  お知らせ


あっちこっち訪問記 
「HB9;ジュネーブトラムガイドとスイス国鉄」、「ZL;ホークスベイ観光ガイド」「おすすめお花見ポイント」、 「ホンダコレクションホール」 、「HB9航空博物館でお食事」「デンマーク;レゴランド」、 
無線以外の趣味 「PGJの趣味一覧」、 「Audi S1 Quattro」、「リリパットレーン知ってる?」、
話の種
 「カビ損、濡れ損、海上輸送ダメージ」、「厨房は食品工場ではありえない。

2019/12/8

またしても代車  クルマ/バイク/乗り物

TTロドスタ入院で、
「とりあえずこれで様子を見てね」 で返されてきました。

で、今週末は代車でした。 A4 Avante 2.0 Quatto
重い。。。
 
クリックすると元のサイズで表示します
重い重いと言いながら 紅葉と富士山の見える露天温泉に入り。

クリックすると元のサイズで表示します
夕焼けの富士山を見て帰ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
宵の明星がきれいに撮れました。

Audi アウディ TT ロードスター Roadster



Facebook group Audi light weight sport S1, TT, S3, etc

2019/12/1

わうさまへ お土産  美しきモノ、心ひかれるモノ

先週は箱根と紀伊半島、東海地方で休暇を過ごしました。

で、わうさまへのお土産が伊勢神宮内宮前で購った「かんがえる」。

クリックすると元のサイズで表示します
大きさがわからないので、わうさまの額の上に。

また 赤い伊勢型紙を使った染色の手ぬぐいも合わせて。
クリックすると元のサイズで表示します

2つを身につけると神々しさが出て、さすが王権神授説の世界のわう様です。

クリックすると元のサイズで表示します

なんでも、わうさまのお言葉によりますと「王位は神様からもらったが、父は別にいる。 この頭の上に載っているのが父で、どこかの神の子の父のように大工ではない。 腕を組んで考えているだけで手間賃をとっていた植木職である。」「その証拠に『柳影はお好きかな?』と聞いてみろ、いちころだ。」

ところでわう様。 あと9つその錫製の父上様を乗せると十一ゲロ観音で売り出せますよ。

2019/11/30


TTは例によって修理中。 箱根は凍りましたし、代車のA4-S line 2.0 Quattroでは、気持ちいいドライブという訳にもいかず。 で、
今日の午前中は庭の落ち葉を掃除機で吸い(90リッター分)、20年前にNapierで買ったナイフブロックの塗装を剥がして塗り直しをして。 
XYLが「夕暮れの富士山を見に行こう」というので、でかけました。
鈴廣蒲鉾で小田原の木工屋さんがアウトレットを販売しているのを思い出して寄ってみました。 

クリックすると元のサイズで表示します

この寄せ木無垢削り出し轆轤挽き4,000円!! 普通でしたら諭吉が飛びます。 FOB4,000円なのかもという話もありますが、何れにせよ超お買い得なので、サラダボウル用に求めました。 
このボウルはウレタン塗装ですが蜜蝋で仕上げるというのも有りかなぁ。 (接着が剥がれるかな?)

PGJは、この木工所の製品が好きです。 https://la-luz.co.jp/ これで幾つ目かな?

こちらはコースターに使っている石鹸台。 

   クリックすると元のサイズで表示します

結露してもコースターがグラスにくっついて来ないのでスグレモノ。 とは木工所の皆さんが想定していない使い方だろうけどhi。

アウトレット販売は12月1日16時までです。

箱根駅伝の中継場所の鈴廣。 最近箱根登山鉄道の廃車を購入し展示しています。
ピカピカの塗装です。 屋外展示車両はあっという間に錆の塊になるので、蒲鉾の売上でせっせと維持してほしいなぁ と思います。 

クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

ともあれ今は綺麗なカフェになっております。
    クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

で、富士山ですが。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
大涌谷も絶好調で噴いております

クリックすると元のサイズで表示します
駿河湾も輝いて見えます。 
以前は、この日没が我が家から見える場所に住んでおりました。 
オホホ、世界田舎暮らしの達人。

アウディ Audi TT Roadster
この記事の写真はクリックするとオリジナルサイズでご覧いただけます。


2019/11/29

熊野は遠い 大内山酪農も遠かった  観光物見遊山

箱根の翌日は和歌山県新宮市(JCC2602)へ。
これが遠い。。。
クリックすると元のサイズで表示します
伊勢から先が延々片側一車線で。。 

クリックすると元のサイズで表示します
ともあれ着きました。

クリックすると元のサイズで表示します
歩いて登って

クリックすると元のサイズで表示します
定番写真をパチリ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

で、コンビニで見かけたのが

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
大内山酪農
ここまで御殿場から包材不良のクレーム処理に来たのは十数年前の話。
「ガラス瓶は本来3ヶ月使用できるのに白い傷がついただけで「不衛生だ」とかいう教員もいて3週間で交換。かなわん。」とか。「ガラス瓶のほうが環境に良いと信じている教員」やらの学校給食にまつわる愚痴を聞かされました。 
流石に現在は「紙容器のほうがガラス瓶より遥かに環境負荷が少ない」ことを知らんヒトはいないでしょうなぁ。

(この記事の写真はクリックするとオリジナルサイズでご覧いただけます。)

2019/11/28


今乗っているTTはアウディ4台目ですが、これがよく壊れる。

クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

6月以降だと、5週間は入院していた気がする。 いくらアウディ好きでも、ここまで故障が多いとねぇ。 先週consumer reportが発表した信頼性の高いクルマのベスト10にはアウディは存在せず。 メーカーとしてもベスト10になく。

今週はETCが壊れ、ヘッドライトが壊れ。 あーあーあー。

やはり、ディーゼル排ガスの不正での各国での課徴金支払いの原資を稼ぐために、購買部が無理なコストダウンや、製造や開発で掛けるべき品質コストを支払わなくなっているのでしょうか?  品質コストカットは、後で(つまり顧客が買ってから)故障の早期発生として現れます。 製造メーカーはドイツより安い輸出先会社の人件費で、しかもマーケットコストで故障を処理できますので、あまり実害がない。 
まぁ そんなところでしょう。 これをやるとジワジワ客が離れます。 
この真逆をやっているのがメルセデス。流石に高い。 
次は信頼性1位のマツダMX5にしようかなぁ。

2019/11/27

灯台下暗し  観光物見遊山

クリックすると元のサイズで表示します

箱根峠を西から登り足柄平野へ下るには歴史的ルートも入れると以下のようになります。

鎌倉時代の湯坂道 Google map
クリックすると元のサイズで表示します
秀吉の小田原攻めの際に徳川の軍が使ったのがこのルート。

徳川以来の石畳 Google map
クリックすると元のサイズで表示します
江戸幕府ができてから1604年に開設されたのがいわゆる旧街道。 高低差が従来の古道より少ないのですが最後の最後で延々急坂になるのが特徴。

箱根ターンパイクのルートは概ね秀吉本隊の小田原攻めルートです。石垣山城もターンパイクの尾根筋にあります。 自動車専用道
クリックすると元のサイズで表示します

箱根の歴史的官道については箱根町観光サイトの説明がわかりやすいです。
https://www.hakone.or.jp/midokoro/ishidatami.html

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは箱根の観光地区を迂回するためだけに使われる箱根新道。自動車専用道

クリックすると元のサイズで表示します
こちらが箱根駅伝で有名 国道1号線。 
週末に2種原付(80cc,125cc)で箱根を越えようと思うと、このルートしか無いのです。 他は50cc未満以外進入禁止になったり、自動車専用だったりで、ほぼこれだけ。
前世紀は抜け道林道もあるにはありましたが。 という訳で観光バスやトラック多数、道路は狭い、抜くに抜けんというのが今も昔も国道1号線箱根町区間です。

ここまでが前フリ。 という訳で、YSR80やTL125で散々走っていた国道1号線に面して建っている塔之沢の温泉旅館に行ってきました。 
90年代のバブル崩壊以前から塔之沢地区の温泉宿はどこも団体旅行が廃れたことと、サービスの割に値段が高いという日本の観光地の一般的な理由で需要激減、廃屋同然という宿も少なくありませんでした。
昨今のインバウンド景気と平成令和バブルで一部は復興してきたようです。 で、XYLが「良い建物の宿」がある言うので泊まってみようということになりました。

ただしTTのトラブル続きでついたら午後5時
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
塔之沢環翠楼 https://www.kansuiro.co.jp

皇女和宮が生涯を閉じたのがこの旅館だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちら宮様御形見。

ともかく風情が古いのがよろしい。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
      クリックすると元のサイズで表示します
談話室 書は孫文

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの書は犬養毅

クリックすると元のサイズで表示します
湯殿に続く廊下

クリックすると元のサイズで表示します
湯殿の手前の洗面台
大鏡は麒麟麦酒 発売元明治屋さんより
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
上の階には大広間が3つほど。 一つは立派な舞台付き。

「いろいろ良いものが並んでおります」そうで。 いいものもありましたが「要修復」もありました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
おや 昔の電話交換機

クリックすると元のサイズで表示します
大広間の裏にあるこれはなーんだ?
クリックすると元のサイズで表示します
現役リフトです。 上から覗いたところです。 
これで厨房から宴会料理を大広間に釣り上げるというわけ。 で、ここから厨房の会話が丸聞こえ。。。

温泉宿ですから温泉はどうか?
こちら自家源泉をお持ちです。 古い旅館なら皆自家源泉か? いえ、天然資源は枯渇することもあるので老舗だが温泉井戸が枯れてしまって自家源泉は持ってない宿もあります。 そう言う場合は温泉供給会社から温泉を配管やタンクローリで購入することになります。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはかつて使われていた横穴式源泉。 箱根湯本や塔之沢の温泉群は江戸初期の温泉産業発祥の頃は湯坂山山腹に横穴を掘って温泉を採っていました。 今は横穴式源泉は禁止されております。(理由は知らんです) 

屋内の岩風呂は岩の隙間から温泉が湧いているというもの(写真なし)
露天風呂はいわゆる半露天で
クリックすると元のサイズで表示します
このような庭を歩いて歩いて(雨が降っていたら歩きたくないような階段を登り)男女別にあります。 22時以降は早い者がちで貸切露天風呂になります。

こちらは男湯
クリックすると元のサイズで表示します

こちら女湯
クリックすると元のサイズで表示します



温泉法による温泉利用掲示によれば、アルカリ単純泉です。 
が、妙に温まる。 XYLも私も茹で上がりました。
部屋にもかけ流し湯舟がありまして、常時流れています。 贅沢なもんですねぇ。


今回泊まったのは、こんな部屋です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
この雪見障子いいなぁ。 
うちの障子をこれに換えたら高いだろうなぁ。。。

クリックすると元のサイズで表示します
わうさまもご満悦
クリックすると元のサイズで表示します
XYLもご満悦。

部屋の湯殿、トイレ洗面台周りは
すっかりリノベーションしてきれいになっています。

で、お食事。


クリックすると元のサイズで表示します
相模湾攻めである。

クリックすると元のサイズで表示します
エビのワタを抜いて身を綺麗に収めるという手間を
足柄地域では久しぶりに見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
杉の薄板に包んで蒸し焼き 杉の香が良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
ここでハインツのデミを舐めるとは思わなんだhi

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
米飯がいまいち。。

クリックすると元のサイズで表示します
この量が55分で出てきます。
いくらなんでもハイペースすぎです。 
早く従業員を帰したいというのもあるんでしょうが。

こちらは朝ごはん いわゆる定番。
クリックすると元のサイズで表示します

建物は早川にも面しておりまして「台風19号では沈むかと思った」そうですが、被害もなく。 景色はこんなかんじ。
クリックすると元のサイズで表示します
部屋から

クリックすると元のサイズで表示します
遊歩道から
クリックすると元のサイズで表示します
遊歩道の上が露天風呂。 率直に申し上げて知っている人なら丸見えです。

クリックすると元のサイズで表示します
対岸から建物は。。。 見えん。。

クリックすると元のサイズで表示します
「日本家屋もこれくらい古くなれば見栄えがする」とはXYL 我が家はいつかは、こうなるのか?

クリックすると元のサイズで表示します
早川の上流側を見る

クリックすると元のサイズで表示します
玄関

クリックすると元のサイズで表示します
こちら和宮様碑

何しろ山の中の宿ですから部屋に女郎蜘蛛が出たり、
クリックすると元のサイズで表示します
ムササビが廊下を突っ走ったりもするそうです。 

仲居さん達の話も楽しいし、風情があってとても楽しい旅館でした。 文化財に泊まるって、それなりに楽しい。

(この記事の写真をクリックするとオリジナルサイズでご覧いただけます)

2019/11/22

コモディティ  ちょっと一言

クリックすると元のサイズで表示します

コンタクトレンズは高度管理医療機器です。

それが通販で届きます。

クリックすると元のサイズで表示します

良いのかねぇ。 使用方法をわきまえていない人が使うと障害を起こすよ。 この場合メーカー責任ではありえません。
所謂Customer misuse.

2019/11/21


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今晩買って帰ったタルト。 XYL曰く
「この夜中に食えるわけ無いでしょ❗」

すんません!

2019/11/18

蕎麦食いに行こう  日本食べ歩き

この週末は、先週から預けているTTロードスターの
- タカタのエアバッグのリコール交換、
- カーオーディオのソフトウェアのサービスキャンペーン更新、
- 使い果たしたブレーキパッドの交換
が、結局完了せず。 
代車のQ5は重い走らん、用もないところで止まる、と最悪なので、2週連続で乗る気がせず。。 営業氏に今週は「何か小さいのにして」と頼んだら、ほぼ新車のA5 S line クアトロが来ました。 S3とか無いのかよ。。。 ですし、 「だから我が家の駐車スペースは狭いと言っておろうが!」ですが。 

クリックすると元のサイズで表示します

で、箱根で走ってみました。  ガソリン2リッターだけあって元気元気。 1.6tonもある車ですから185kW(252ps)くらい無いと見栄とハッタリで走らん号になってしまいますので良いバランスです。
先月の12ヶ月点検時の代車のA4-Avantの1.4リッターには途方に暮れました。1.4ton 110 kW (150 PS)。 ありえん。 
オートクルーズしているのに上り坂で失速って、どれだけ非力なんだか。
それに比べりゃ、A5はかなり元気です。
40タイヤですが接地感もあり下りコーナーに突っ込んでいっても後輪が一瞬跳ねるだけできれいに曲がってくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、この力積を止めるにはブレーキの容量がまるで足りないのは私のTTと同じで、ちょっと走るとすぐブレーキパッドから煙モウモウです。 以前乗った代車のRS3も純正ブレーキがパワーに負けているので、基本的にアウディのブレーキパッドは超消耗品と思ったほうが良いです。
RS3などはサーキットでも無いのにベーパーロックするのには魂消ました。

ともあれA5-S-line 4人家族でお出かけが多い家族には適した車じゃないですか。
私も駐在勤務のカンパニーカーでなら乗ってもいいです。 

さて、この週末から箱根大涌谷園地の立ち入り規制が解除され、台風19号でボロボロとはいえ箱根も観光シーズンです。ススキはだいぶ見頃です。
一方 仙石原の紅葉はまだこんなもの。

クリックすると元のサイズで表示します

箱根は9時過ぎに切り上げて、そのあと思い立って蕎麦を食べに長野県伊那市(JCC0909)へでかけました。

クリックすると元のサイズで表示します
伊那食品工業の蕎麦屋 https://www.kantenpp.co.jp/garden/

クリックすると元のサイズで表示します
伊那食品の本社工場の園地はまさに紅葉の盛りでした。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中央道諏訪湖塩尻辺りもお見事でした。

クリックすると元のサイズで表示します

で、甲府盆地まで帰ってきたら、例の如くで小仏トンネル100分
クリックすると元のサイズで表示します

双葉ジャンクションから中部横断道に逸れて、谷底間道を河口湖に抜け「ここからは自宅まで1時間半もかからん!」と思ったら、想定内のR246と東名高速が大渋滞は良いとして、いつもの県道抜け道が台風の影響で未だ閉鎖中。

あらー! という訳で、この日は朝晩箱根を縦断してしまいましたとさ。
箱根新道も渋滞でしたが地元民には影響なし hi

クリックすると元のサイズで表示します
という訳で、随分走りましたねぇ。

(この記事の写真はクリックしていただくとフルサイズをご覧いただけます)

2019/11/13


代車のQ5
XYLが乗らんので、わうさまと家来たちを連れて箱根へ

クリックすると元のサイズで表示します
わうさま

クリックすると元のサイズで表示します
京塚 と まさこ 典侍と権典侍

クリックすると元のサイズで表示します
わうさまと 愛車のA1スポーツクワトロ

クリックすると元のサイズで表示します
「よし山羊までタイムアタックじゃ!」

クリックすると元のサイズで表示します
「2京塚馬力ではパワーが足りんのぉ」

結局くたびれて お布団帝国に帰って寝ているところ。
クリックすると元のサイズで表示します


様子が良くないですよ わう様

2019/11/12


TTロドスタのリコールとサービスキャンペーン。 ご案内が来てから半年近く経ちましたがやっと部品が来たそうで只今入院中。

クリックすると元のサイズで表示します

代車がQ5TDI。。。
担当セールスが変わったのだがマトモな引き継ぎをしてなかったらしく(顧客データ管理破綻ともいう)、「おい、ウチの車庫に入るのか?」なクルマです。 まぁギリギリ入りましたが。 アウディディーラーとは6軒付き合いましたが、FCディーラーの営業は、どこも「顧客満足度など期待するなボケ」ですな。 

ともあれ、エンジニア氏の「試乗車でお店の近所をウロウロしているだけなんで、ちょっと回してカーボンすっ飛ばしといてください」とのお言葉でしたので、いつもの外輪山モーターウェイへ、わうさまと京塚とマサコを連れてでかけてきました。

重い!

1.9tonもあるクルマで140kWですよ。 
 



箱根外輪山モーターウェイを片道走っただけで、この有様。

重いだけではなくドライバーアシストが効き過ぎでタイトコーナーで対向車線にクルマが来ると衝突回避でブレーキが掛かる! 
コーナーを曲がっている最中に急ブレーキ。。。 下が凍っていたら即スピンして対向車に突撃コース。 ありえない設計です。

一方、高速道路でのマトリクスヘッドライトはTTのように間違って先行車を煽ることもなく対向車にハイビームをくらわすこともなく正確に機能し、車線維持機能も正確です。(たぶんカメラ位置が高いせい)

という訳で、PGJの結論。 都会の街ナカをとろとろ走るか、高速道路を淡々と走るだけのクルマですな。「平地の買い物用だね こりゃ。」

XYL「バカみたいに見えるから、この車ででかけたくない。」 だそうです。
まぁ、好きずきですけどね。

Audi TT Roadster 8S アウディ 

2019/11/6


足柄平野の東端に旧国鉄国府津電車区があります。
そのせいでしょうか、そこの近所の古物屋で手巻きのセイコー鉄道時計と昭和初期のノギスを見つけました。

クリックすると元のサイズで表示します

和の喫茶室の鉄道コーナーに飾りました。

クリックすると元のサイズで表示します

驚いたことに日差2秒。 立派なもんです。 さすが諏訪精工舎(現エプソン)製。 エプソンは今もスプリングドライブを作ってセイコーに供給しております。

2019/11/5

源泉!  話の種 ミニ

クリックすると元のサイズで表示します 
箱根町(JCG11003C)の湯本の源泉地です。
後ろに見える白い筒は

クリックすると元のサイズで表示します
温泉源泉井戸からの各旅館への供給配管です。 赤い取っ手を回すと、温泉供給をON/OFFできます。 特にカバーもフェンスもないのですよ。 これを締めたら、温泉ストップなんですが。。。

クリックすると元のサイズで表示します
温泉の守護神たる熊野神社に守られているので、大丈夫なのかもしれませんけど。


2019/11/4

箱根  観光物見遊山

台風で1000mmも雨が降った箱根山地です。 さすがにとんでもない事になっております。


クリックすると元のサイズで表示します
東海道を並走する遊歩道

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
この国道1号線の橋は水没したそうで、木の枝が引っ掛かっております。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
須雲川の下流である箱根湯本も、よく温泉街が残ったなぁ 
という有様。

クリックすると元のサイズで表示します
で、流れてしまった箱根登山鉄道の宮ノ下駅の下にある、奈良屋旅館の末裔のカフェに行ってきました。 奈良屋といえば富士屋ホテルと格式を競っていたのですが、いつの間にかに潰れてしまいました。 今、跡地には、石碑と、ちょっとお品のないホテルが建っています。 栄枯盛衰。 
クリックすると元のサイズで表示します

何を以って佳とするかは個々人の嗜好ですので、
あれが良いというヒトを否定はしません。

クリックすると元のサイズで表示します

で。 奈良屋ホテルの資材を使って作られたカフェは、なかなかいい感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
暖炉が懐かしい。 NapierでもGisborneでも、
よくスズメが飛びこんで焼き鳥になっていたなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
メンテナンスオタクのPGJとしては
「そろそろステイニングしないと材が腐る」と思うんだが。。

クリックすると元のサイズで表示します
大人を童心に帰らせる図書室。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、足湯も温泉利用施設なので法に定められた表示が必要なんだが。 見かけなかったなぁ。

お土産に、コースター買ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
太田木工さん

https://ota-mokko.com/collections/



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ