ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

 

おすすめ記事  お知らせ


あっちこっち訪問記 
「HB9;ジュネーブトラムガイドとスイス国鉄」、「ZL;ホークスベイ観光ガイド」「おすすめお花見ポイント」、 「ホンダコレクションホール」 、「HB9航空博物館でお食事」「デンマーク;レゴランド」、 
無線以外の趣味 「PGJの趣味一覧」、 「Audi S1 Quattro」、「リリパットレーン知ってる?」、
話の種
 「げに恐ろしきは温泉」、「カビ損、濡れ損、海上輸送ダメージ

2020/11/25

わうさま 微行  観光物見遊山

今日は 人間ドックで長野市へ。 なんとまぁ MRI利用での人間ドックに4年もきていなかった。
で、 わうさまも 行幸されました。

クリックすると元のサイズで表示します
わうさま  おしのびでしょ?

クリックすると元のサイズで表示します
善光寺の門前町も晩秋の風景です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
「よいよい 微行じゃ」 おしのびにしては目立ちすぎですよ。わうさま。
クリックすると元のサイズで表示します

特急人間ドックなので12時には終わります。 ランチは竹風堂。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
干菓子の木型です。 我が家にもありますが、もう木型職人が居ないのだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

と言う訳で帰宅しました。
ドックの結果は、、、 あーあーあー。

2020/11/23

Go to やめて!  観光物見遊山

「Go to始まって以来、毎日お盆ですよ! お盆お盆! 普通お盆は数日で終わるんですよ!」
「休みも取れません。。。」
箱根の観光産業従業員の声です。
ただでさえ労働安全衛生法に無関心な業界ですのでねぇ。 
過労死が出ないことを祈るばかりです。

そんな悲鳴はつゆ知らず、箱根の温泉宿に行ってきました。
大変美味しゅうございました。 
あ、悲鳴はこちらの宿ではございません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

XYL曰く「足柄平野では、このように手を掛けた料理にはお目にかかれないからねぇ。ありがたいねぇ。」 
足柄下郡箱根町のどこの宿でもこのような料理が出るわけではありません。 一応為念。

2020/11/23


NDロードスターを買った訳ですが。
なにぶん、TTと同じ利便性までに上げるには、色々やらんといかん訳で。。。
まず、様々な配線の都合でどうしても、室内から、エンジンルームへ電線を通さないといかんのです。歴代のAudiもジムニーも楽々でしたが、マツダのNDロドスタは狭すぎて配線を通す場所が無い。。。。

色々さがして、ありましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
エンジンルーム助手席側のABSユニット? の下あたりのエンジンルームと室内を仕切る構造鉄板に布で蓋をした穴があります。 ここに尖らせた割り箸を差し込むと、断熱材を貫通して、助手席の室内ファンの前側裏に出ます。

    クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

だいたいここいら辺りに割り箸が出てきます。 割り箸に針金をつけて、引き込み、更にその針金に電線を引っ掛けて引き込みます。 ヘッドライトと老眼鏡が無いとおじさん世代には無理よ。

貫通させた配線は、DRL制御用に使います。


2020/11/21

柿大豊作  日本での食生活

クリックすると元のサイズで表示します

ご近所の柿が豊作で、食べ切れないー! と次々と。
当分、柿は買わずに済みます。 実生なので種が多いのよ。

2020/11/15

またまたオープン  クルマ/バイク/乗り物

一昨年の9月に「これが最後のオープン」とか書いておきながら。

TT(8S)ロードスターは最後のオープンにはなりませんでした。 来年維持費で150万円/年掛かると思うと、さすがに放出しました。 PGJはアラカン。いつ首になるかわからんのに、そんな無駄遣いはできませんです。

で、TTロードスターからマツダロードスターへ乗り換えです。 国産車を買うのはSW20以来だから20年以上ぶりですよ。 ZZW30とXYLのスポーツカローラ? あれは日本製の輸入車。 当時はZL住まいでしたのでhi

さて、買ったら最後、下取り価格がつかなくて抜け出せなくなるというのはアウディ沼もマツダ沼も同様ですが。 さーて、何が起きるかな?
なにしろSW20以降、初期不良の出なかったクルマなんてないです。 代車のMazda3でも見せてくれた広島品質。 うはははは。 何が起きるかなぁ? 工具を一式更新して準備万端です。

まぁホンダビートの例を待つまでもなく、少額故障で壊れまくる分には、まぁかわいいもんです。 ただビートもエンジン粉砕という凄いオプションがついていたしなぁ。

XYLは「松田? 大丈夫?」 うーむ。 たぶんVWアウディグループ製よりはマシかと。
ディーラーの営業担当の品質が溜息モノなのはJAのフランチャイジーの残念な共通項。 
まぁ 相模川以西でも、概ねどこのエンジニアも良いのは技術に嘘は付けない工業立国日本の残渣かな? それに期待して。 

ともあれ、先週から愛車が中国(山陽道広島県)製になりました。


クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず 電子戦状態ですな hi

2020/11/14


今日はクルマのホーンを純正からミツバのホーンに変えました。
今時のクルマの手の入らないこと。。。

クリックすると元のサイズで表示します
右が純正。 寂しい音でやんす。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

グロメット外しはKTCから専用工具が出ています。 速攻で外せます。 
で、タイヤハウスの内張を外してダブルホーンの1個目を交換します。

クリックすると元のサイズで表示します

さらにこの隙間から手を入れて。。。。 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

結論、ロードスターNDのホーン交換は素直にジャッキアップしてバンパーを「全外し」した方が早いです。  
ガレージジャッキもあるのに手を抜こうとして却って手間がかかったのでした。

あー、ちかれたびー。

ディーラー曰くNDのアクティブボンネットはバンパー周りをいじっている時に暴発する事があるそうですので、作業の前にバッテリー端子を外しておきましょう。

2020/11/12

キッチンバサミ  大道具小道具Gadjgets

XYLの料理は見栄え、味とも麗しいです。 一部の皆様は味もご存知ですね。
調理用の道具は電動手動各種取り揃えておりますが、包丁と並んで大活躍なのがキッチンばさみ。

クリックすると元のサイズで表示します

今回増やしたのは反時計回りに2つめの反ったもの。 「鍛造」と断っているので他の鋏は鋳造なのかねぇ? よくわからんですが。
赤い握りのは貝印の蟹用です。 これは安全についてよく考えられている良い製品です。 使いやすいですよ。



クリックすると元のサイズで表示します

昔のキッチンバサミは分解不能だったのですが、今の製品はこのようにバラせるので、食洗器にぶちこめます。 食品衛生上分解洗浄できないキッチンバサミってありえんですよ。

三徳包丁一本で料理しようなんてのは、しょせん無理な相談でございます。
そうそう、XYLは魚をおろすときの道具はほぼハサミです。 薄く造るときだけ薄刃の包丁が出てくるという。 はさみで料理。 刃物が怖い方は包丁を増やす代わりに分解可能なキッチンバサミを増やすといいかもしれません。 意外とはさみでも料理できるものです。



2020/11/11

法律の外国語訳  話の種 ミニ

とかく日本や中国など東アジアの法律は「解釈」というものが、やたらとあって、法律の本文を英訳を読んでも「結局意味わかんねぇ」というのは外国の皆様の共通の見解/苦情です。

何故、このように何が書いてあるかが「よくわからない」法律ばかりなのかと申しますと。 ひとえにJA国会の生産性の悪さでございます。

例えば、2019年に衆参両院で可決成立した法律の数は168法案中90件(継続審査後に成立の4件を除く)。 https://www.clb.go.jp/contents/all.html
第201回通常国会で審議され成立した法律が以下の通り
https://www.clb.go.jp/contents/diet_201/law_201.html
ご覧の通り、主管官庁がきれいに散らばっております。 財務省も経産省も厚労省も新しく法律を作ったり改正したりして、世の中を住みやすく(高級官僚の隠居生活も住みやすく)しようと頑張っておられるわけです。 
ですが、この仕組みが作られてから約70年、大きな改善もなくやってきておりまして、高度経済成長の頃には官僚と一部議員の愛国心で何とかなってきましたが、さすがに21世紀には、、もう無理。 優秀な人材は官僚になりたがらず、政治家は我らが選んだ衆愚政治。

世の中の動きが早すぎてですね、法律を作る方(内閣提出は事務方、議員立法は各政党と事務方)も、それを協議する方もヒイヒイ言いながら出していますが、国会の処理能力がご覧の通りで。。。

法律は国会の承認が必要です。 
さりながら以下は国会の承認はいりません。
政令は閣議決定でGOです。
省令は施行規則は大臣をまるめこめば花押捺印してもらえます。
告示は次官、局長をまるめこめばOK
通知は課長レベルでも発出できます。 強制力がないとか言う講釈を垂れる法律家もいますが、許認可を役所に握られている場合は「通知=お上の御命令である」と同じです。
そんな通知の例がこちら

という訳で霞が関では法律は曖昧にしてあとは政令省令告示などで法執行をしています。 国会承認を必要としないので臨機応変に対応できるから、そして何かを「やらないこと」に文句が出たら「法律に無いですから」と煙に巻くためにも使えます。 

なぜ、このように法律でない決まりが多いのか? そう、国会の処理能力が低すぎるからです。 あの処理能力では各省の各部局が提出できる法案は年何件と縛られます。 しかし世の中は動いています。 かくして「法律外」のお達しが増えるわけです。

で、法務省の法律の英訳サイトが以下です バナーですんでクリックしたら飛びます。



法律は英訳されていますが(全部ではない)、省令以下は日本語だけがほとんどです。
まさに非関税障壁。 で、それらを英語で外資企業に講釈してくれる法律事務所は大忙しです。 PGJの仕事も法律事務所ではないのですが、この解釈をガイジンにするという変な仕事です hi

ちなみに、この英語をグラマーチェック掛けると文法間違えをガンガン指摘されますが、政府の公式の翻訳なので、PGJの勤め先で引用するときは「法令の英文は私の翻訳間違えではなく日本国政府の公式な英文である」と付するのが常です。
(馬鹿だと思われるから>これ米国系の会社では本当)

クリックすると元のサイズで表示します

2020/11/7

ジムニー15年目の車検  クルマ/バイク/乗り物

ジムニーも年明けには車検です。 なんと15年。
さすがにだいぶヨレヨレなので、前回の車検同様、そこそこかかります。

64/74を買うつもり満々だったのが、新しいディーラーでちょこちょこっと調整してもらったら抜群に乗りやすくなって「こんなに調子が戻るなら、もっと治そう」になり。。。。

「進角を変えたエンジンの調子を見てもらうついでに車検整備も終わらせてしまおう。」 という事で、お見積もり。

クリックすると元のサイズで表示します

15年変えてないゴム部品とかもあるので「あれもこれも状態」。 とはいえ今回はコーティングが無いのでお安くなっております。 


2020/11/3

デカールはがし  クルマ/バイク/乗り物

XYLのジムニーも15年近く乗っていますと、新車時につけたスズキスポーツのデカールが風化して凄いことになってきています。

クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ボロを他のステッカーで上張りして隠すというのがこの5-6年です。


先月、Facebookのジムニーグループでステッカーはがしツールなるモノを教えてもらいました。

これを電動ドリルの先につけてデカールだのステッカーだのに当てますと、ステッカーの樹脂フィルムも糊も一緒に面白いように剥がれます。

このローラーもどんどん削れていくので、ある意味、消しゴムみたいなものです。


という訳で

こんな感じに削れます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

よく見るとデカールのあったところは工場出しの薄青いパールホワイト、むき出しだったところは焼けて薄赤いパールホワイトになっています。 
写真ではわかりませんが。

尚、この作業は強烈に粉塵が飛びますので、ゴーグルとマスクの使用をお勧めします。

    
  

このあとコンパウンドで磨き上げてワックスがけして完了。

電動ツールはありがたいなぁ。 このポリッシャーも8年目です。

我が家の歴代のクルマのボディーコートは皆業者任せで、自宅ではケルヒャーで洗剤ぶっかけて、汚れをぶっ飛ばしてマイクロファイバーで拭いておしまい。
なので、このポリッシャーはガラス磨きにしか使っておらず、ボディに掛けたのは今回が初めてです。 

使った感想> 「素人がクルマのボディケアするなら、これで十分」ではないかと思います。

クルマの洗車は実は嫌い。。。。 汚れたスポーツはもっと嫌いなので仕方なく掃除しております。 hi


2020/11/1

70周年  話の種 ミニ

陸上自衛隊が本日創立70周年です。



義父は保安隊か警察予備隊の頃に入隊して自衛隊で退官していましたが、長閑な話しかしてくれませんでしたね。

とっとと憲法改正して陸軍になっていただきたい。 
憲法のみならずありとあらゆる法律を「解釈」で運用するのは日本の悪弊です。
まぁ おかげで解釈の講釈とガイジンにする という私の仕事が成り立つのではありますが。

そういえば今日は 東富士演習場 静かだなぁ。

2020/10/31

進角 変えられます  クルマ/バイク/乗り物

XYLのジムニーはJB23。 設計は前世紀です。 自動車専用道を多用する我が家にとってジムニーの高速域の伸びの悪さには「軽自動車だから仕方がない」で諦めていました。
やれ、コンピューターいじるだ、ターボいじるだ、をすると寿命が短くなりますし。
「まぁまぁ、乗ってて楽しいから、ジムニーは、こんなもんだ。」というのが我が家のジムニーに対する基本的思想でした。

一方、我が家に二輪車があった当時から「旧車でハイオク入れると火が飛ばん」エンジンのもの以外はハイオク指定でなくてもハイオクを入れてきました。 
3万キロ乗ったFZ250の燃焼室を見たバイク屋のおやじ曰く「やたらエンジン内きれいだけど、金もないのにハイオクか?」に「なるほど」と思って以来ハイオク。 今でいうプレミアムガソリンをガソリンエンジンには使ってきました。 「カスが溜まりにくい」を期待して。 

前世紀末、MR2(SW20)をZLへもっていったときは現地のハイオクが94-96の為、ワインディングで踏み込むとノッキング音が聞こえたもんです(日本仕様のSW20-Vは100オクタン仕様)。 100km/hで走っているのに聞こえるノッキングって精神衛生上よくないのでハイオクブースター添加剤を、よく使ったもんです。 

SW20はIII型からZLへの正規輸入が絶えました。 MR2オーナーズクラブNZで言われていたのは「日本とオクタン価が違うのでトヨタがオセアニア仕様を作らなかった」説でした。 スバルは92-95オクタン仕様のデチューンしたWRXをオセアニアで売ってましたけどね。
その後、数年してBPが98オクタンを供給しだしてからは、SW20-V、まぁまぁOKで走ってくれました。 トヨタNZが正規販売したZZW30は96オクタン仕様でした。

で、ジムニーです。
「ハイオクしか使わないなら進角変えると乗りやすいですよ」と最近付き合いだしたディーラーで教えてもらいまして。 

550円也。

クリックすると元のサイズで表示します
6型ではウォッシャ液タンクの下の方。 ステアリングコラムシャフトの右上方にあります=オレンジ矢印。 写真は11番の抵抗器に差し替えたところ。

まぁ、プラセボかなぁ と思って乗ってみたのですが、4速5速の2,400回転からの加速のツキがまるで違います。 XYLも「おー!」
いままで5軒の店は何で教えてくれんの? です。  ググってみたらJB23−6型までの定番の「イジリ」だそうですね。


こちらは外した標準の進角調整抵抗器。
クリックすると元のサイズで表示します
品番は今回入れ替えた11番の品番なので、誤解なきよう。

「制御CPUが学習して元に戻る」説もあるようですが新車の頃からハイオクなので、別に実害はないです。 しかし、この加速が維持されるのなら、今までに払ったレギュラーとプレミアムガソリンの差額15年分17万円也は半分くらいは損していましたね。 もったいない hi (半分は燃焼室の中がきれいだったら元が取れている)

ディーラーのエンジニア氏曰く「年内一度プラグ見てくださいね」だそうです。
なんでも「進角を6°進めたので乗り方によってはプラグが溶ける」そうですので。
JB23はプラグがインタークーラーの下なので見るのめんどくさいなぁ。 

どうせ年明けには車検なので、「スタッドレスに交換がてらブッシュやらゴムホースやら交換してしまえ。 こんなに快適に乗れるなら新車にすることはない! 消耗品全とっかえだ。」とはXYL。

これで、大きなガタが出なけりゃ、2018年発売の新型JB64/74へのオーダーは当分先延ばしになると思われます。

件のエンジニア氏曰く、「ジムニーはエンジンも消耗品ですから、壊れたらリビルト品がいくらでもあります。 安心して乗り続けてください。 エンジン壊れても50−60万で治ります。」

「故障は多い、部品は来ないアウディ」とのあまりの違いに驚くやら呆れるやら。hi
鈴木 流石

2020/10/24

気の毒な事情。  話の種 ミニ

<元記事2019年1月13日の編集再掲です>

陸上自衛隊の東富士演習場の火砲演習時の空振は駿東足柄地域に住んでいるものには生活の一部です。 古い木造住宅の我が家はよく揺れます。hi
で、Google Mapで見たら、まさに演習中の写真が写っていました。


クリックすると元のサイズで表示します
155mm榴弾砲 かね?
クリックすると元のサイズで表示します
こちらカモフラージュしているところ。

クリックすると元のサイズで表示します
こちら弾着地。 通称三段山と思われます。

クリックすると元のサイズで表示します
地図上の短い黄緑の線が今回の砲弾の飛行経路3.5Kmです。
射程距離は20km以上ある砲なのでまっとうな長距離射撃訓練をしようと思うと米国へ行くしかないらしいです。 東富士演習場では、射点から着弾点まで3.5kmしかないのです。 細い白線のように砲弾をゴルフ場と国道の上を通過させて東富士演習場から北富士演習場へ射撃すれば20kmはかせげますが、そうもいかんのでしょうねぇ。
矢印はどちらも赤が発射地点、黄色が着弾地点です。20km射撃の発射点着弾点はPGJの勝手な設定です。

2020/10/24追記


今週は良く揺れましたねぇ。 ヘリもやたら低く飛ぶし。 元気いいなぁと思ったら大金持ちW(米合衆国)海兵隊の皆さんでした。 母語の違う現場の将兵が顔を合わす機会が増えるのは良いことだよ。 会って話したことがあるやつ、飯を食ったことがあるやつの方が、なんだかんだ話は早い。 それは軍隊も一般企業も同じ。

海兵隊が東富士演習場でM777A2−155mm榴弾砲を発射する準備をしています。 この訓練は、インド太平洋地域の平和と安定の礎として、日米同盟の防衛に貢献します。

在日米海兵隊さんの投稿 2020年10月21日水曜日


こちらは負けじと広報活動に頑張る陸上自衛隊の皆さん。



Google Mapのリンクはこちら
掩蔽観測所って、そんなに近いの!?とわかります。

2020/10/23

パレット返せよな  日本の「やれやれ」な話題

100均で木製パレットの模型を見つけました。
コースターにも使えます。

   クリックすると元のサイズで表示します

ほとんどの皆様方には縁が無いと思いますが、青いパレットは諸外国で多く使われているCHEPのパレットを思い出させます。
https://www.chep.com/us/en/consumer-goods/platforms/pallets

パレットは物流の血液です。 パレットに貨物を積載して輸送すればトラックやコンテナへの積み下ろしが迅速にできます。 にも拘わらず、いまだにトラックやコンテナへ手積み直積みしている業者さんがいます。 あの人々の会社の人件費はそんなに安いのだろうか?
自衛隊の災害派遣の際の貨物積載もバケツリレーでやっているし。 ロジスティックがダメダメなのは日本の伝統文化なんだろうか?

ちなみに20ftの海上コンテナに直積み積載した缶詰をおろすのに2人がかりで2時間弱かかります。 パレットとフォークリフトだと一人で15分。 もう、言わずもがなです。

で、パレット。 国際物流の場合はワンウェイの捨てパレやスリップシートが普通ですが、国内物流の場合、ほとんどのパレットは持ち主に変換しなくてはいけません。 ところが返さず、自社の敷地で堆肥にしたり、転用したりする会社が後を絶ちません。

クリックすると元のサイズで表示します

何のために「XXX会社所有」と書いてるのか?

こういう管理がかなわんので前世紀からレンタルパレットなるものが出てきています。 出荷したら荷受けした会社がパレットの管理責任も受け継ぐので、たい肥にしているとパレットレンタル料がかかりますから、とっとと返すことになります。
上記Chepパレットは海外の大手レンタルパレット屋です。 日本ではJPRが有名どころ。

ところが、それでもパレットを踏み倒す業者が多く、パレットレンタル業界も途方に暮れているそうな。
https://weekly-net.co.jp/news/21285/

言い訳なんぞ聞かんぞ。 それはあなたの物ではありません!という業界の見解。
https://p-pallet.jp/logistics/pdf/3_2.pdf

似たような内容で酒の通い箱の不正占有もあるようですね。
https://magazine.logi-biz.com/pdf-data.php?id=2227

あさましい話です。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ