2020/6/15

見抜いて欲しい  

「上、三年にして下を知り、下、三日にして上を知る」
と言う言葉があるように、

「上の者は部下を見抜くのに3年掛かるが、
   下の者は、3日で上司を見抜く」という事だ。

先日のブログで書いているが
新人の中で先輩の〇〇さんには負けたく無い≠ニ啖呵を切っているという事は
〇〇さんのレベルなら自分も追い越すことが出来ると、
正に3日一緒に居ることで 見透かされた事だ。

 先輩たちに私が言いたいのは…
先輩として見透かされない様にでは無く
自分の能力や欠点を隠すのではなく、
逆に自分の欠点を補ってくれた後輩たちを褒めてやる事だ。

そうすることで後輩たちは着いて来るはずだ!

 くれぐれも「突だし蒟蒻」にならないように!!


    ★



私も欠点だらけの人間です。

当然、社員達は、私を見抜いている!
(若気のヤンチャも分かっている)

逆にもっと見抜いて欲しいのは
社長は何をしたら喜ぶか!また、
何をしたら悲しんで!何をしたら怒るのか!

 喜びは出来るだけ多くの社員と共に分かち合う
 =喜びは人数の二乗に比例する。

社長は今の失敗やミスには怒らない!
しかし、
未来に対しての手抜き、起こりうるミスには怒る!


それといつも言う社長は眼くらじゃない

誰が、何を持って行ったかも分かるのだ!











コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ