2019/11/15

捲土重来  

今年は 空前の売り手市場らしい

 なんの話かって?
企業の採用難のことで、今年は就職希望者の1.6倍の求人枠で
1990年のバブル期は1.4倍だと言うから正に空前の売り手市場

バブル期にある企業は、就職者に外車を与える事もニュースになる程、企業はあの手この手で躍起になったものだ。

30年前と何が一番違うか
それは若者たちの情報の取り方が変わっている事です。
あの頃は10p位の分厚い「リクルート雑誌」が主流で、企業も学生もこぞって媒体に飛びついた。
(あの当時で、A41ページの掲載料が100万円近く、その結果リクルートなる巨大企業が出来上がった)

今はその様な分厚い雑誌は無く、ネット社会と…
だからと言ってネットに大きく広告料をかけても、費用対効果は殆どない。

今の若者たちは、SNSや独自のネットワークにて情報のやり取りをし判断しているようだ。

(今後どのように行ったら良いかは纏まっていないが、結果的に↓)


     ☆


 弊社は
  前文の走りとは 今年はチョット違う

戦略的に早くから新規採用に動いた結果もあるが…
 お蔭様で来期4月の採用決定者は10人近くになった。
  更にまだ、数名の者が弊社にと言う希望を伝えてきているので、今日(新卒2人)、明日(中途1人)再度 面接を行う。


※この様に、世間とは違う反応であったのも、
ZESTと言う企業文化≠フ構築と、在籍している先輩たちのお陰だと思われます。

 「本当に嬉しい悲鳴」ではあるが…

人を採用すると言う事は大変な判断です。
採用者の人生が掛かっているだけに、生半可な気持ちで決めるわけにはいかない。逆にダメであれば、早めにハッキリと伝えた方がその者も次の人生があるからだ。

 そして、
ゼスト号≠ニ言う船に乗せた以上は途中で海に投げ出すわけにいかない。

 
     ☆   


 気は確かか!と言われるかもしれないが
 
  来期の計画もあり、

 人が入ると言う事は、増々 社長も捲土重来≠セ!




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ