2010/9/29

内成の秋  

 内成に秋を見つけに行ってきました。6月以来、4か月振りですが今は黄金色に変った棚田、彼岸花が咲き誇り日本の秋そのものです。

彼岸花が田んぼの畦一面に咲き誇ると聞いていたのですが、何故か一部にしか見れませんでした。でも別府の市街地にはほとんど無いので良かったです。

 彼岸花で思い出すのは20数年前に徳島は剣山の麓の村、木沢村の山奥に住んでいたときのことです。自給自足に近い生活をしていた為、近くにある食べれるものは何でも口にしていました。まだ春のころ、家の裏にある神社の草むらを掘っていたららっきょうのような球たん根がたくさんでてきました。

 私としてはこれは食べれると判断して炒め物にしたのです。たまさんと二人で食べたのですが私は口にしたと瞬間ぴりっと来たので吐き出しました。しかし、たまさんはおかしいと思ったのですが彼女は吐くのが苦手で食べてしまいました。気分が悪くなりましたが食べた量が少なく事無きを得ました。これが彼岸花の球根だったのです。そして秋には見事に赤い彼岸花がそこには咲き誇っていましたね。





   クリックすると元のサイズで表示します






  



   クリックすると元のサイズで表示します








   クリックすると元のサイズで表示します









   クリックすると元のサイズで表示します










   クリックすると元のサイズで表示します










    


クリックすると元のサイズで表示します


2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ