Hause des XJun III -厚木特殊車輛工厰-

仕事量が増えて模型は進みません(´・_・`) 春まで厳しい

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:XJunで〜す
●シミヤン様、コメントありがとうございました。

>DAKのユニフォーム...
ユニフォームの写真集や、戦場写真を見ると、明らかにダークイエローやライトカーキよりも暗い色味のユニフォームで写っています。タミヤカラーのカーキやRLM02グレーが近い色のようです。ただし、シャツや帽子のようにすぐに洗濯できるものは漂白してバフっぽくしたものはやはりあったようです。

ダークイエローについてはワタシはハリウッド映画の影響ではないか? と睨んでおります。(○ットン大戦車軍団とか...)

というか、もともとの車体色のダークイエローというのが明度・彩度とも規格色からズレているので、同様にユニフォームの色も順繰りにズレていった結果のようにも思えます。

直近のタミヤの車輛の色指定はRAL8020などを意識した説明が少しずつ出て来ています。
投稿者:シミヤン
完成お疲れです。
アフリカ戦線こそ埃っぽさ表現が最適ですね。

ところでアフリカコープスの兵士のユニフォーム色なんですが
タミヤ2号戦車の影響かダークイエローの退色後のイメージしかありません(笑)
投稿者:XJunで〜す
●hayate様、コメントありがとうございました。
>雰囲気ありあり...
撮影の時間帯の丁度採光の具合がよかったみたいで、綺麗な発色をしてくれました。

>次は雷電...
そろそろ始めないと8・15に間に合いませんね。
投稿者:hayate
やっぱり戦車屋さんですね〜、素人の私が見ても
雰囲気ありありなのは分かります。

完成おめでとうございます、次は雷電ですか?
投稿者:XJunで〜す
●hajime様、早速のコメントありがとうございます。
>ガイアカラー...
瓶生で色調はいじっていませんが、下塗りにはオキサイドレッドのサフを下地に塗っています。(ガイアカラーは隠蔽力が強いので、普通のサフでもいいんですが...)

ただし、埃表現として、足周りを中心にハンブロの"Matt Desert Sand" をうっすらと吹いています。

>III号戦車...
IV号と比べると、前後が寸詰まりで、サスがトーションバーのため腰高な感じで全体にコンパクトな魅力がありますね。

>続々と...
G型以降の赤箱を一通り持っているので、今の内にコンプリートしておきたいところです。
すでに、SmartKitでF型, H型, J型(初期型, 後期型), N型...と新製品が出て来ているので、どんどん作りたいです。
(古い赤箱でも「作り易さ」はクセがありますが、全体としては、よくできていると思います)
投稿者:hajime
完成おめでとうございます。
ガイアカラーは瓶生で使っていますか。
明るめで灼熱の砂漠を連想させるアフリカ軍団にはぴったりの感じですね。
V号はコンパクトな車両で何となくバランスがいい感じがして自分は好きな車両です。
XJunで〜すさんはV号を続々と製作されているので楽しく拝見させていただいています。
赤箱は持っていませんが、35のドラゴンは殆ど作ったことがないのですごく参考になります。
と言っても最近はダレて模型をあまり作っていないのが現状ですけど(汗)

http://mokeiwotsukurou.de-blog.jp/blog/

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ