Hause des XJun III -厚木特殊車輛工厰-

仕事量が増えて模型は進みません(´・_・`) 春まで厳しい

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:XJunで〜す
●シロイルカ様、コメントありがとうございます。
>評価の分かれる機材...
三菱・堀越チームの「零戦」というあまりにも大きな成功体験ゆえに、「一撃離脱」が海軍では馴染まなかったこともあるように思います。

雷電の苦悩=堀越技師と堀越チームの苦悩 の様に感じました。
「高座工廠製」さすがにそこまで細かなリサーチはご容赦をm(_ _)m

もっとも、台湾から少年を集めて来て製作させようとした一面「日本の貧しさ」を象徴するような場所が県内にあったことは記憶にとどめておきたいと思います。
投稿者:シロイルカ
こいつは戦記物や日本機の解説書でも評価の分かれる機材ですね…
零戦が異常に操縦し易いというのが結局は他の機材にとってネックだったのかもしれませんねぇ。
高座工廠製なんてどうですか?(無責任)
投稿者:XJunで〜す
●hayate様、コメントありがとうございました。
>直線番長...
今、丸メカを読んだりしてますが、まさに「直線番長」だったようですね。「背面急降下」しか闘う術がなかったというべきか、それでも「一定の戦果を挙げた」というべきか(哀)

開発・製造も大変だったようですが、乗り手も相当な技倆の持ち主であって初めてその特性が活かせたというのも日本的でありますねぇ。

先人のご苦労あってこその「終戦祈念日」であります。
今年は14日が日曜日なので、靖国に参拝できそうであります。

http://sky.ap.teacup.com/xjun/
投稿者:hayate
48のジャックいくですか♪
この機も直線番長だったんでしょうね。

二種類の20mmを積むというのもユニークであります(笑)

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ