Hause des XJun III -厚木特殊車輛工厰-

仕事量が増えて模型は進みません(´・_・`) 当分厳しい

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:XJunで〜す
●hajime様、コメントありがとうございました。
>兵士の迷彩...
これまで、迷彩パターンの大きさが判らなくて苦労していたんですが、新撰組のデカール(使いづらいので結局高価なお手本です)を横に置いて、それを見ながら塗ってみました。何だかお習字の稽古みたいでした。

>Horch 1aの運転手...
あれって、キットに入っているデカールを無視したかのように、SSかHG師団しか使えそうにないフィギュアですよね。
ただ1943年のクルスク戦の頃になると、陸軍でもポンチョの生地で迷彩スモックを自作する者もいたようなので、時期の選択が難しいですね。私のは、そんな自作スモックとヘルメットカバーを想定しています。
投稿者:hajime
完成おめでとうございます。
後期型らしい光と影の迷彩(かな?)が決まっていますね。
兵士の迷彩もさすが。
こちらでは制作中のホルヒのドライバーがこの手の迷彩服なので現在の悩みの種です(笑)。

http://mokeiwotsukurou.de-blog.jp/blog/
投稿者:XJunで〜す
●公試様、コメントありがとうございました。
>迷彩...
車輛の迷彩は所謂「光と影迷彩」なんですが、実戦でこんなに細かなパターンにしないだろう...とは思いつつチマチマと塗ってみました。

兵士は国防軍の仕様で、新撰組の迷彩デカールをお手本にして塗ってみました。今回は緑の筋を画材売り場で買ったペンで描いてみました(色褪せがちょっと心配です)

>月産1輛...
48, 35取り混ぜて月産1輛なのですが、48でも1カ月かかっているいるのが自分でも「何故?」と思ったりもします。
今年は「対空コン」「曳きモノコン」「模型合宿」でそれぞれ2輛ずつ作ったので、近年に無い量産体制ではあります。
「下手な鉄砲」の喩えではありませんが、数を作るうちにいずれ自分で納得できるものができるようになるのではないか...と淡い期待をしております(苦笑)。
投稿者:公試
完成おめでとうございます。 車両と兵士の迷彩がマッチしてますねー。
月産1両ペースというのは凄くないですか!
投稿者:XJunで〜す
●⊥TT閣下、おこしいただきありがとうございました。
>模型のコメントができない...
気候もよくなってきたので、しばらく模型を離れてバイク三昧もいかがでしょうか???
投稿者:⊥TT
最近模型のコメントができない体になりつつあります(笑)
あ〜あ、今日も何もする気が起きね〜〜w

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ