Hause des XJun III -厚木特殊車輛工厰-

仕事量が増えて模型は進みません(´・_・`) 当分厳しい

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:XJunで〜す
●hagu様、コメントありがとうございました。
>茶こし...
昔はサンドペーパーで削っていたのですが、無駄にサンペに付着する分が多かったので、近年はもっぱらこの茶こしを愛用しております。

意外によかったのが、化粧用のボカシ筆でありまして、さすがに粉系のものをはたくためにできているせいか、良い按配にパステルをもっていけるのであります。

>南方焼け...
私のいつもの塗り方は
1. 下地にサフェーサを吹く(後の塗料の剥がれ予防)
2. ハンブロールのフレッシュを下地に塗ります。乾燥に約1週間(爆)。ハンブロは完全に乾燥・硬化すると、エナメルシンナーでも殆ど溶けません。
3. タミヤエナメルで「お化粧」開始。タミヤのフレッシュに暗い部分にはバーントシェンナ(赤茶色)を混ぜた色、明るい部分にはフレッシ微量にジョンブリアンを混ぜた色で明暗をつけます。

手などの日焼けの様子を再現するには、塗装後ペトロールでごく薄めたバーントシェンナをウォッシングの要領で被せます。

>アイシャドー...
あながち、笑えない話でして、化粧品店の店頭でときどき、化粧品会社の専門家が客の顔を使って(?)お化粧の要領を説明していますが、基本は、「自然光では平べったく見える日本人の顔を立体的に見せるため、頬から顎にかけて陰影をつけ、鼻筋などにハイライトを入れる」というフィギュア塗装そのものの作業を1/1でやっております。一度ご内儀をおだてて実演台になっていただき、講習を聞いてみるとポイントがわかると思います。(あとは適当なモノを購入してご機嫌をとるとか...以下自粛)
投稿者:hagu
これは優れものでありますね♪
合宿で拝見して思った以上に細かく濾せるのに驚いた記憶があります。
化粧>タミヤ1/35日本兵を南方焼けにしようとアイシャドーやファンデーションを塗ってみた事が・・
私にはフィギュアは無理という事を再認識させられました(爆;)


カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ