Hause des XJun III -厚木特殊車輛工厰-

仕事量が増えて模型は進みません(´・_・`) 次はろうがんず杯

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:XJunで〜す
●シミヤン様、コメントありがとうございました。
ニュース番組を見ておりましたら、元一海佐の方が「艦首部に塗料庫があるのと、揚錨機のモーターがあるため、電源線もあるので、スパークで塗料等が燃え上がった可能性がある」とコメントされていました。

昔から艦首は倉庫スペースですよね。酒保の倉庫があった頃には、事故の復旧工事に入渠したら壁に羊羹がこびりついていたとか…。

古いフネだと、(250キロ対潜ロケット弾)なんかも艦首に装備していたので、一触即発でしたね。
因みに、太平洋戦争中に隼鷹などはダメージコントロールの目的で艦内のペンキも剥がしたという記事を読んだ事がありますが、そこまではしていないのでしょうね。
投稿者:シミヤン
艦首しかも先端部分が炎上するって、あのあたりに何か可燃物ってありましたっけ?
私は「しらね」は作っていました。

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ