ヤブツバキ  植物

ヤブツバキは絵やイラストでは赤や深紅で染められることが多いように感じますが、実際はピンクがかった赤です。

クリックすると元のサイズで表示します

そうは思っていたものの、最近ヤブツバキの色がさらにピンクそのものになってきたように感じます。

クリックすると元のサイズで表示します

写真では色出しがやや違って見えるかもしれません。
パソコンによってもやや違うでしょう。

でもこの系統の色は、チューリップで言ったらピンクのチューリップで、赤いチューリップじゃないですよね。

ヤブツバキはけっこう変異があり、原発事故前から花弁が6枚とか7枚とかのものにも出逢っています。

でも、花弁の色はもっと赤の色素成分が多かったように感じます。
赤のサザンカ系統のピンクに変わってきているように感じるのです。
園芸種のウラクツバキの色に近づきつつある感じです。

今回の写真は南相馬市高倉の文殊さま参道入り口の大きなヤブツバキです。






コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ