ウラジロガシ  植物

宮城県が北限の木。

福島県でも数カ所でしかリストアップされていません。
南相馬市にはありますw。

この木は相馬市での出会いですが、いったん伐採された後の状態です。
相馬市ではこれまで2か所でしか記録されていません。
ここが3カ所目になります。
そのうち1か所は大洲地区なので、津波後の今も残っているかどうか。

クリックすると元のサイズで表示します

周囲はアセビが優先する林で、アカガシの大木が1本そびえています。
他にはシキミ、ヤブツバキ、シロダモ、ヒサカキがあり、照葉樹林であることが分かります。

中に、モッコクではないかと思われる木があり、不思議でした。
千葉県以西に生育がある暖地性の木ですが、出会ったそのあたりは相馬市でも地形的に暖かく、また尾根筋なのであってもおかしくないかもしれません。

でも、鳥が運んだ可能性大かな・・・

ヒヨドリがヤブツバキの花弁を散らしていました。

クリックすると元のサイズで表示します



2014/1/30  17:19

投稿者:カエデ

空さん

斗蔵山にもウラジロガシがありました。
今回も書こうかなとも思いましたが、相馬市での記事にとどめましたw。あんなふうな照葉樹林がフィリピンまで連なっていたのですね。

2014/1/30  8:48

投稿者:空

以前に宮城県の角田町の斗蔵山に行った時、ウラジロガシも見たような?あれはシラカシだったのかなぁ?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ