辛子レンコン  

クリスマス会は昼食を兼ねてにしました。

まずテーブルに載ったのはケーキ。
娘の担当でしたから記念にUPしておこう。

クリックすると元のサイズで表示します

いろいろ作っているうちに時間切れで昼食には間に合わず、辛子レンコンは午後になってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

辛子レンコンは何度か食べたことがあるが、作るのは初めて。
熊本からレンコンが届いたので、辛子レンコンの本場のレンコンなら上手にできるかもしれないと挑戦してみる気が起きたわけです♪。

レシピはネット検索で。便利な世の中ですね♪

辛子にまぜるおからやウコンは年中切らさないようにしているので、粉辛子だけ購入。

冷凍しておくおからを解凍し、フライパンでちょっと炒って、それにおからの3分の1量の粉辛子と色付けのための粉ウコンを加えます。

レンコンは前夜に10分くらい茹でて、ペーパータオルに縦に立てて水切りをしておきました。
水が残っていると水っぽくてまずいし、詰め込んだ辛子がゆるんでずれ落ちてしまうそうです。

辛子をレンコンに詰めるには、辛子の上にレンコンを立て、押しつけると少しづつせりあがってきます。
空気の入らないよう隙間なく詰めるコツは、決して上下を返さないで詰めること。

辛子を詰め終わったら30分くらいまた立てて水抜きし、卵と小麦粉、色付けの粉ウコンを水でとき、天ぷらのように揚げます。

竹串を刺して衣をつけるとうまくゆきます。

クリックすると元のサイズで表示します

そうして、初めてにしては上出来の辛子レンコンができあがり。
ところが、娘夫婦の評価は「辛すぎて死にそうだ」とのことw。

私は辛さには強い方で、食べても「このくらいじゃないの。辛子レンコンなのだから」。

数年前、娘夫婦が九州旅行の際に食べた辛子レンコンには、何かお味噌のようなものが詰まっていて、辛子はちょっとだけだったという。

水分を抜いたもろみ味噌でも使っていたのかな?
これもおいしそうですね。

私が食べた最後はもう20年前くらいで、詰め物が変わっているのかもしれないし、新しい詰め物が工夫されて当然のような気もしますね。

一人で食べるには多すぎるので、辛子を抜いて天ぷらにでも変えようかな。



2013/12/27  9:45

投稿者:カエデ

doudesyo さん

このビールはアルコール0だそうですよw。
小さな子がいなかったらパーティなんかしないんですけどね。

今年は幼稚園児になって初めてのクリスマス。
支援物資のプレゼントが毎日のようにどっさりで、半年間くらいはお菓子は買わなくてすみそうです。

おかげで私からのプレゼントに困ってしまい、ついついプレゼントの数が増えてしまいました。

でも一番熱中しているのはキネマティック サンドで、数時間でも遊び足りないくらいですw。

辛子レンコン、こんどはもろみを使って試してみるつもり。いつになるやら、ですがw。

どうぞよいお年をお迎えください。


2013/12/27  9:08

投稿者:doudesyo

お早うございます。
賑やかなクリスマス会ですね。ビールもしっかりと。辛子レンコンは食べたこと無いのですが、辛子だけに辛そうですね。私も辛いものが好きなので家族から嫌がられます。前記事ではありますが、白鳥たちも落ち着いてきたようですね。ストロンチウム、トリチウム、放射線核種についてはほんと困ります。
こちらの白鳥たちも概ね例年どおりになりつつあるようです。^^;

http://doudesyo.blog.so-net.ne.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ