コオニユリ  植物

野馬追い祭りが終了しました。
昨日の野馬懸けも、雨の降り出しは正午ころでしたから、さして濡れずに済んだものと思われます。

野馬追いが終わると、今年も半年が過ぎてしまったという現実に引き戻されますw。
実感すると言うか・・・

気分を新たに今後の半年に向き合わねば。

人生に節目があるのは精神衛生にとても良いことだと思っています。

一日とか1週間という節目もありますが、半年とか1年とかあたりが何かの目標を立てやすく、また結果の確認もしやすくていいかな。


ウワミズザクラを見た近くにコオニユリ群落もありましたので、ちょっと下から覗いてみましたw。

クリックすると元のサイズで表示します

官能美をそなえていますね。

クリックすると元のサイズで表示します

ダイミョウセセリが頭を埋めていたので、ちょっとアングルを変えようとしたら、
次の瞬間には姿を消していましたw。

クリックすると元のサイズで表示します

相馬地方のこの時期の湿地はほとんどのところでコオニユリが見られます。

クリックすると元のサイズで表示します




2013/7/31  9:45

投稿者:カエデ

やまがっこうさん

おはようございます。

そうですね。気づかずに刷りこまれているからこそ、故郷は懐かしいものになりえるのですね。風景は知らないうちに私たちの心に刻まれ、無意識の領分にまで影響をしているでしょうね。

野馬追いのような大きな祭りがあるのは幸福なことです。
相馬の人々は今日もまだ一段落感を味わっているかもしれませんw。
楢葉町はおかげさまで私も思い出多き美しき町になっておりますから、波倉あたりのことを想像すると心に影がさします。

2013/7/31  9:34

投稿者:カエデ

あねさま

おはようございます。
私も普段は一日一日ですよw。
朝目が覚めたら、まず、今日の予定はなんだっけ? ですw。
ですから約束なんかなるべくしないようにしていますw。

コオニユリもオニユリも在来自生だと思いますが、オニユリは古い時代に渡来したと考える研究者もあるようです。

区別の仕方はオニユリはムカゴがつくので目安になります。わりと若い株でもムカゴをつけます。茎は赤みというか紫色を帯びていることが多い。毛深いなどなどです。

コオニユリは印象もやや華奢。茎が緑。春先は毛がちょっとありますが、のち無毛。この時期は毛がすでにありません。花もやや小ぶりです。

2013/7/31  6:01

投稿者:やまがっこう

カエデさん おはようございます

相馬野馬追は、旧相馬藩の人々にとっては、お正月やお盆と並んで重要な行事として、人々の「心のDNA」に刻まれているからこそ、「野馬追が終わると、その年の半分が終わった」というような気持になるのでしょうか。

何か、そんな感じがします〜

年中行事は、その地域の「心のカレンダー」ですよね。

今まで当たり前だと思っていた僕の故郷の盆行事も、地元がああなってしまって、改めて「心のカレンダー」の大切さを思い出しています。

コオニユリも、僕にとっては「心のカレンダー」のひとつなのです。楢葉町の波倉の野原に美しいコオニユリが咲く所がございまして、あそこは第二原発の近くなので、昨年は立ち入り規制がかかっていました。

カエデさんのお写真をみて、たまらなく懐かしい気持ちになりました。

ほんとうに大切なものが何か、

それを今になって思い起こしています〜。


http://green.ap.teacup.com/naraha/

2013/7/30  22:46

投稿者:あね

カエデさん
いいですね。節目を彩るような地域の伝統行事が
あって・・。
歴史に根付いたこのような行事は地域力をもきっと
強固にするのでしょうね。

カエデさんは若い !! 私はそんな長いスパンで
人生を考えられず、毎日、毎日が精いっぱい (;一_一)

さて、「コオニユリ」のことですが、
私は「オニユリ」と 「コオニユリ」の区別が
つきません。
このユリは園芸種ですか? ユリの中では
一番ポピュラーな品種のようですが。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ