シンビジウム  植物

風は少しばかり。

青空が出たり、曇ったりですが、気温もやや高く、風がほとんどないせいか暖かい。

昨夜は9時ころに就寝だったかな。

ベッドに入ってから読書する悪い癖がありまして、ベッドインは早い時間なのです。

そのころはまだ津波はないという情報でしたから、今朝がたの津波警報のサイレンにはびっくりでした。

最初は火事かと思っていたくらいです。

今日の満潮は今朝の4時半と、午後は14時頃。

明後日の9時ころが満月で、現在は大潮ですから海辺の人たちのことを心配しました。

相馬港は50p程度の潮位上昇だったらしいですが、やはり避難なさった方もいらしたのではないでしょうか?

厳寒の災害避難は大変です。

外で過ごしても寒くないような防寒着を1枚は用紙しておくべきですね。

波は穏やかに見えても、何回かに1回くらいの割合で大波が寄せますから、津波の後は注意報が取り消されても、しばらくは砂浜に下りないほうがいいと思います。

さてシンビジウム。

このシンビジウムは40年前くらい、叔母へのお土産だったものです。

叔母の丹精で株数が増えたものを、1鉢持たされた株です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昨年までは4月から5月にかけて咲いていましたが、今年は早い。

13日に1輪開花しました。

まさかこれから4月まで咲き続けるわけではないと思うのですが。

花茎は4本立ってきて、蕾は100コくらいあります。

皇帝ダリアは数えきれないほどの蕾を着けましたが、気温が低くなると、枯れなくても花は咲かせられずに終わってしまいました。

シンビジウムはやや低い気温でも大丈夫ですし、しかも玄関に入れてあるので、蕾は全部開くと思います。

毎日が楽しみになります。







コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ