帯状疱疹ワクチン  

今日は午前11時に、帯状疱疹ワクチンを接種してきました。

つい最近、知人がひどい目にあってしまったので、ワクチン接種を決心しました。

ビケン製の生ワクチンとシングリックスの2種類があり、私の場合は生ワクチンを選びました。

生ワクチンは小児に使用する水痘ワクチンで、弱毒化された生きたウィルスが含まれていて、2016年から帯状疱疹予防として認可されました。

接種は1回で、3〜5年間有効。50〜60パーセントの効果だそうです。
はっきり言って、効果があったのかどうか自分でも分からないかもしれませんね。
費用は7,000円。

シングリックスの方は接種は2回。

効果は90パーセント以上だそうですが、100パーセントじゃないので、こちらも効果があったかどうかは死の瞬間まで分かりませんね。

こちらの費用は1回20,000円。2回で40,000円です。

クリックすると元のサイズで表示します

たいがいの人は水疱瘡にかかったことがあるそうで、表面的にはなりを潜めているので治ったように見えますが、体内では生き続けていて、免疫力などが落ちた時に姿を現すそうです。

それが帯状疱疹で、痛みと痒みがひどいらしい。

手当をしても神経の痛みが残ったりする場合があり、半年から1年も痛みが続くそうです。

昔、雅子妃殿下もこれに悩まされたことがありましたね。

帯状疱疹は体の右もしくは左の半身にだけ出るのが特徴だそうで、目や耳に出ると失明や難聴も起きるそうです。

1回罹患するとたいていはそれで終わるケースが多いという医師の話しでした。

接種後、アナフィラキシーを警戒して待合室で20分の様子見。

アナフィラキシーはすぐに分かりますが、2週間は体調に目配りする注意が必要です。

お風呂は使っても大丈夫ですが、今日ははげしい運動などは控えて下さいと言われました。

そんなわけで、午後はコロッケ作りをして過ごしました。

お風呂は出かける前に済ませて行ったので、今夜の入浴は休み。

19時現在、まだ異常は感じていません。





2021/11/27  11:09

投稿者:カエデ

ohtomoさん

最近はいろいろなワクチンが必要な時代になっているのでしょうね。
ワクチンに対応してウィルスも変化していくので、いつになっても終わりのこない徒競走みたいです。
ウィルスも生命体なのですから、止むを得ませんね。
今回は知人が二人、り患し、ひどかったそうです。
神経痛が残りやすいというのも、ガッカリですね。
インフルエンザのワクチンは30歳代に一度受けて、その晩から発熱などで具合が悪くなり、それ以来接種したことがありません。
今になって考えればあれは副反応というものだったのでしょう。
幸いにもその後、ワクチンなしでもインフルエンザにはかからないで来ました。
帯状疱疹ワクチンも他のワクチン接種とは2週間以上あける必要があると言っていましたよ。
肺炎球菌と帯状疱疹はワクチンを受けていた方がいいように思います。
そういえば、新型コロナの肺炎快復を助けてくれる菌類が白神山地の秋田県側でみつかったようですね。

2021/11/26  20:44

投稿者:ohtomo

帯状疱疹にワクチンなんてあるんですか!知りませんでした
私の姉も10年前70歳くらいの時に罹りました
顔半分でしたね、一週間くらい入院しました
なかなか治らないと聞いてましたが、すっかり治りました
それにしても高価なワクチン、保険が効かない?

私は今日インフルエンザの予防接種受けてきました
毎年受けてますが、今回は数が少ないのか、医院に2回も問い合わせてやっと間に合いました
自己負担は高齢者枠で1400円也でした
コロナよりインフルエンザの方が怖いかも?20年くらい前に39℃くらいの熱が4.5日続き大変でした
それから予防接種受けるようにしてます

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ