ヒマラヤスギ  植物

朝は冷涼なそよ風で、本当の秋が来たなあなんて、涼しさをのんびり楽しんでいましたが、朝食をとっている間に気温はぐんぐん上がり、28度超えの一日。

18時過ぎても冷房を使っています。

帰りがけ、川土手を帰ってきたらムクドリの群れが入っていました。

100羽以上はいたと思います。

変わったムクドリが入っていないか一応望遠で確認。

ま、残念でした。

ムクドリたちは電線にも並んでいましたが、ヒマラヤスギの中に紛れ込んでいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

案外、このヒマラヤスギをねぐらにしているのかもしれません。

ヒマラヤスギは立派な松ぼっくりを着けていました。

松ぼっくりを着けるようになるまで30年以上をかけるそうです。

松ぼっくりは2年型です。

1,2枚目は同じ部分の写真で、2年目の松ぼっくり。

ムクドリが写っているまだ緑色の松ぼっくりは1年目のものです。

1,2枚目の大きな松ぼっくりの脇に見えるヤングコーンみたいなものは、昨年落ちた球果の芯です。

ヒマラヤスギはマツ科ヒマラヤスギ属ですから、葉はマツの葉と似たような形です。

冷涼な大気が好みの木なので、いつかはこの辺りでは見られなくなるかもしれませんね。

松ぼっくりは自然乾燥でバラの花のような形になるので、シーダーローズと呼ばれ、リースなどによく使われています。

枝の伐採がされていたら、小枝や葉をいただいて来て室内に置くといいですよ。

香り成分が虫よけになりますし、カビよけにもなります。






コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ