ブタクサ  植物

正午を回っても快晴です。

風もなく、日なたは暑い。日陰や屋内は涼しい。

雨の翌日にしては湿度が低いのでしょうか?

ヒガンバナは今日が一番きれいかもしれませんね。

日曜日のわりには見物者が少ないような気がします。

今日はブタクサ。

自宅近くの川土手はオオブタクサに覆われていると言ってもいいくらいです。

しかし、ブタクサはあまり見かけません。

これは山の入口あたりで撮影したものです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

オオブタクサに較べて、葉の裂け具合も繊細で、全体的に華奢な印象です。

オオブタクサは草刈りの時に花粉が煙のように飛びますが、ブタクサはどうなのでしょう。

アリがたくさん登ってきているところを見ると、何かしら甘いものがあるのでしょうか?

蜜腺があるのかな?

アリが花粉の媒介役も担っているとしたら、虫媒花なのでしょうか?

調べてみなければ。






2021/9/19  19:44

投稿者:カエデ

アライグマさん

こんばんは。
ブタクサもやはり風媒花なのですか。
まだ調べていませんでした。
先日、我が家の田んぼの草刈り範囲ではなかったのですが、あまりにもオオブタクサが背丈を高くしていたので、高校生の通学路でもあるので、見通し確保のために、刈り払いをしました。
ま、余計なお世話様ですがw。
その作業はまるで、シンデレラの灰かぶりじゃないですが、花粉かぶりでした〜。
気にしたら作業ができないので、甘くみることにして刈り払いを終えました。
ところがその後、3週間くらいは花粉症みたいでかなり辛い症状がありました。
オオブタクサの花粉をかぶったせいだろうと気づいたのは、1週間後ころ。
現在も、なんとなく名残り症状があるような感じですが、だいぶ楽になっております。
アライグマさんはシティボーイですから、草刈りなどはなさらないと思いますが、オオブタクサの花粉はウワサどおり、花粉症の原因となると思います。
マスクは必要です。

2021/9/19  14:52

投稿者:アライグマ

耳鼻科などに行くと壁に貼られた花粉症の注意ポスターに書かれていますね。
両方とも外来種で風媒花で花粉症を引き起こすとして指名手配状態ですね。
近所にもオオブタクサの集会場みたいなところが何カ所かありますね。
!!!( ノ──__──)ゝジトッー!!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ