クスノキ  植物

午前中はすばらしい陽射しでしたが、14時ころからみるみる雲が厚くなってきました。

6号国道沿いでは稲刈りが始まり、この天気なら刈り時だね、と、通り過ぎたのに、あっというまに入れ替わるものですね、気圧って。

昨日も一日中、雲が厚かったですね。

昨日は午後から相馬市在住の倉本信之先生の版画教室で摺りの体験をしてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

16時に終わったので、その後近くを歩いてみました。

町の中の道を歩くのは本当に久しぶりw。

クリックすると元のサイズで表示します

クスノキが青い実をいっぱいつけていました。

黒くなった頃にまた来てみよう。

写真のクスノキは相馬アリーナのものです。

相馬市のクスノキは自生ものはないと思います。

相馬中村城址の相馬神社入口にも注連縄を巻いたクスノキがあります。

ちょっと変わったところでは、南相馬市鹿島区上栃窪の山祇神社に樹齢80年くらいのクスノキがあります。

原町区では岩屋寺にまあまあ大きなクスノキがあります。
樹齢は分かりません。

小高区は町中の庭先にもけっこう植樹されていますが、蛯澤稲荷の東側に立つクスノキも戦後まもなく植樹されたものです。

暖かい地方と違い自生のサイクルはなかったので、目を瞠るような巨木はありません。

そういえば新地町に枝は落とされていたものの、巨木がありました。

昨年通りかかったら伐採されてしまっていました。

あの巨木を限られた庭の中で、どんなふうにして伐採できたのか不思議です。

クリックすると元のサイズで表示します

ハマナスは今年は豊作なんですね。

いっぱいなっていました。

ローズヒップティはまだ1回しか飲んでいないので、後は乾燥ものにしようと思っています。





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ