アロニア  植物

梅雨らしい霧雨のような細かな雨です。

ちょっとくらいなら傘なしでも大丈夫そうですが、10分もすればぐっしょり濡れそうな降り方です。

150mくらい前方の川の土手で、測量士二人が作業をしているのが見えます。

川幅を15m広げるのだそうです。

またまた大きな工事が始まりそうです。

庭のアロニア、そろそろ黒くなり始めています。

今年は期待したほどの豊作ではないですが、食べるには十分。

甘くはなく、どちらかというと酸味を感じますが、スッパイというほどでもありません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

おいしいというよりその色の濃さが喜ばれる果実なのだと思います。

ブルーベリーの何倍かのアントシアニンを含みます。

毎日、庭先に立って数粒食べれば十分と思っています。

2株ありますがこれはおそらくヒヨドリが持ってきてくれたもの。

我が庭からまたどこかの庭に運ばれていくかもしれません。





2021/7/8  21:23

投稿者:カエデ

あねさま

こんばんは
コメント訂正できませんでした。
アロニアは2018年から実をつけるようになりました。
でもその前に「この木何の木?」の時代が2年ほどありまして、抜かずに残しておいたんですね。
花が咲いても、実がなっても何の木か分からなかったのですが、問い合わせの投稿をしたら、滋賀県の方が教えてくださいました。
北アメリカ原産の植物をロシアで改良して、北海道で栽培するようになったそうです。
その後岩手と長野だけが栽培しているとなっています。
渡りをしたヒヨが運んでくれたのかもしれません。
見るからにアントシアニンがたっぷりと分かります。
紫色の濃さが全然違います。

2021/7/8  20:41

投稿者:へこきあねさ

ヒヨちゃんはえらい!!
うちにもアロエアはこんできてくれないかな。
こんなに栄養たっぷりの果実を運んできてくれるなんて。
カエデさんのブログでこの果実
毎年見ているような気がします。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ