ショウジョウバカマ  植物

予報は一日中曇りですが、今にも雨が落ちてきそうな暗い空です。

このくらいの暗さになると、樹上の小さな植物はうまく撮れないかもしれないなあ・・・

梅雨だからしかたがないですけれどね。

さてショウジョウバカマと言ったら早春の花ですが、花が終わると春の姿とは全然違ってきます。

ショウジョウバカマに限らず、野生の草は花が終わるとどんどん背丈を伸ばし、違う植物のように見えることもしばしば。

スミレなども花の頃の小さな姿とは違って、葉がわさわさで初めての植物に出遭ったような感覚を起こしますw。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

花の頃は地面に貼りついていたショウジョウバカマも、梅雨の今頃は藪の中だと背丈が1m近くにもなります。

ずっと以前の事ですが、この姿を遠目にオニノヤガラの群生と見て喜び、いっぺんにしぼんだことがあります。





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ