ドクダミ  植物

夏至。

旧暦5月12日

月齢 10.7

晴れていますが、梅雨入りしていますから青空の間にできるだけ庭の草を減らし、剪定もしておかなければ。

夏至の頃はドクダミの季節でもありますね。

見頃と言えば見頃です。

2011年の大震災以後、避難したまま戻って来ていない家の庭には群生状態です。

人が住まなくなったそうした庭は、春先はスイセン、梅雨のこの時期はドクダミにおおわれています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんなに群生状態でもドクダミが持つあの臭いはありません。

ドクダミは刺激を与えないとあの臭いを発しません。

刺激って、要するに折ったり、ちぎったりして傷をつけなければ臭いを発しないのです。

ドクダミは十薬ですからいろいろと有益な植物です。

ドクダミ茶なるものさえ市販されています。

虫さされや切り傷には葉をもんですりこむといいそうです。

冷蔵庫に入れておくと殺菌、脱臭に効果ありとも書かれています。







2021/6/21  15:06

投稿者:カエデ

あねさま

ドクダミ茶って作っている人が何人かおります。
体を冷やす作用もあるので、妊婦は使わないほうがいいそうです。
植物は乾燥させればたいていはお茶になりますね。
でも茶の木からの緑茶、紅茶がやはり一番おいしいから、お茶と言ったら緑茶なのだと思います。
ドクダミは根を残してしまうと、あっというまにまた顔を出しますものね。
しかも、根を残さずに引き抜くのもまた至難の業。
絶やすにはどうしたらいいでしょうね、まったく。

2021/6/21  10:14

投稿者:へこきあねさ

わが狭庭にもドクダミがよくでてきます。
根茎で増えるので、とってもとってもあとからあとから(*´ω`)。
花は可愛いので、花が咲くとついそのまま。
するとまたあとからあとから。
ドクダミ茶はいらないし、困ったものです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ