アマサギ  

荒れ模様ですが、午後4時現在、思っていたほどではありません。

雨も降ったりやんだり、風はむしろ午前中の方がひどかったです。

山にも行けないので、いただいていた大根の下調理、鶏肉の下調理、パン焼きもいいかな。

足りないものを買いに出たら、アマサギの群れに出遭いました。

嵐からの避難なのかどうか、昨年の飛来日を確認したら6月13日でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

16羽のうち、ダイサギ1羽、チュウサギ5羽、アマサギ10羽と見ました。

チュウサギと見たなかにアマサギがはいっているかもしれません。

見ているとドジョウのようなものをけっこう捕まえていました。

それも立派な大きさで、最初はヘビかと思ったほどです。

こんなにドジョウがいるとはびっくりです。

U字溝を使っていない地域のせいなのでしょうか。

最後にドジョウを食べたのはいつだったか思い出せませんw。

ドジョウは泥抜きのためにきれいな水に移し、大豆を入れてしばらく飼育します。

大豆はドジョウがやせないよう養分のためです。

水が汚れなくなったら、お酒で酔わせて急性アルコール中毒で深く眠らせ、その間に唐揚げにするというなんとも残酷な手立てなのですが、おいしくて好物でしたw。

田んぼに除草剤やカメムシ避けなどの薬剤を使うようになってからは、地元でも食べなくなってしまいました。






コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ