キアシシギ  

雨予報ですが今のところまだ晴れといっていいくらい明るいです。

昨日は海岸の植物をあちこち見て来ました。

松川浦のウミミドリがあまりにも侘しいので、ついつい他の群落を見に足を延ばしてしまいました。

相馬市の火力発電所前の道から宮城県の新しい道路まですっかりつながっていて、とても快適でした。

以前は、信号待ちや迂回させられたリ、とても面倒な道だったのですが、もう仙台空港なんかもこちらの方がずっと早く着けるかもしれません。

高速道路のように快適でしたし、高速道路は閉塞感がありますが、この新しい道は太平洋の葉ての空から阿武隈山脈のてっぺんまで開けているので、広々感がすばらしいです。

ところでキアシシギでした。

これは松川浦での撮影です。

撮影していた時は足環やフラッグに全然気づきませんでした。

パソコンに取り込んで初めてきづいたわけです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

右脚の銀の足環には何か記録されていますが、拡大しても読み取れませんでした。

また会えれば次は気をつけて見ますが・・・

こういう場合は、とりあえず、山階鳥類研究所に報告するのがいいようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この撮影の時にはたった3羽しかいなかったのですが、足環つきのシギの写真はこの2枚きりでした。








コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ