マルバアオダモ  植物

18時ころから雨になりました。

今夜は降るそうですが、田畑や山はかなり乾燥していますから、恵みの雨になるかもしれません。洪水にならなければ、ですが。

今日はお昼に娘一家と食事をし、午後はマルバアオダモの雌花を探しながら帰ってきました。

マルバアオダモは雌雄異株ですが、見馴れると、距離があっても両性株かどうかが分かるようになります。

雄花
クリックすると元のサイズで表示します

雄株は雄蕊が2本で、雌蕊は退化しています。

雄花と雌花を持つ両性株は、雄蕊2本と雌蕊1本。

雌花
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

雄株は見た目にも真っ白ですが、雌花は雌蕊が赤いのでなんとなく真っ白ではありませんw。

雌蕊花柱と柱頭の色が出る前は、雌蕊の根元を見ると赤黒くなっていて、毛がいっぱい出ています。

色が出た後は、写真のように花火か、かんざしみたいに白い花の外に飛び出します。

花弁は4枚で、ピンセットでも扱いにくい華奢な花がいっぱい集まっています。

雌花は秋になると当然、果実をつけます。

その時に、両性花を持つ個体の位置を覚えておくといいです。

今日は孫とマルバアオダモで青い水を作ってみました。

水を入れたコップにマルバアオダモの枝を数本入れます。

枝が含んでいる蛍光成分が溶け出し、それにUVライトをあてると青く見えます。

透き通って見えるガラスのコップが適しています。

クリックすると元のサイズで表示します

左2個がアオダモ入り。右端がただの水。

UVライトは写真では青く見えますが実際は白い光をあてています。





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ