オカスミレ  植物

今朝は気温が低いようですね。

まだ外には出ていませんが、なんとなく感じます。

今日はサンショウの葉を摘む予定。

先日、一昨年の豪雨で流された渓谷へのただ一つの橋が架け替えられたか見に行って来ました。

この橋がないと、いろいろ見られない植物があるのです。

橋はまだ全然でしたが、以前あった橋の地点に径60cmくらいのパイプが数本並べられ、その上に土を積んだ形で、軽トラックなら楽々通れるようになっていました。

工事の人たちがいたので念のため通行していいかどうか聞いてみたら、工事関係車以外、一般車両はダメとのこと。

一般車両っていってもめったに通る車はないのだし、せいぜい私くらいしか通らないはず。

通してくれてもいいような気がしましたが、ま、仕方がないから戻ることにしました。

素直に戻ろうとしたら、近くにいた地元のおじいさんが、う回路を教えてくれました。

古くからある道をちょっと整備して、川向うに出られるようにしたのだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

数メートル幅を越えれば向こう岸に着くことを考えれば、とんでもない遠回りの道でしたが、お陰さまでオカスミレとかオトメスミレ、エイザンスミレの群生とか、いろいろ見ることができました。

特にオカスミレは久々の出遭いです。

オトメスミレも10年ぶりかそこらです。

あの橋の工事が完了していたら、おそらく出会わなかったことでしょう。

人生、何がどうなるかわかりませんね。

紫色がオカスミレ。白い方がオトメスミレ。

白い方の距まで白くなると、シロバナタチツボスミレと呼びます。








2021/4/12  7:54

投稿者:カエデ

チャンコさん

すっかり春になってしまいましたね。
オカスミレはアカネスミレの毛のないタイプというだけのことなのですが、なかなか出会いませんね。
今回も花茎にうっすら微毛のあるものもありました。
個体群としては同じなので、厳密な分類ではどうなのかなと迷いましたが、オカとしました。

2021/4/11  22:27

投稿者:チャンコナベ

オカスミレ。。。
葉がかなり大きいんですね
もちろん、見たことはないです

2021/4/11  20:50

投稿者:カエデ

あねさま

こんばんは
お変わりなさそうでうれしいです。
人生塞翁が馬という言葉を、この年齢になるとよく分かりますね。
オカスミレは毛がありませんが、毛のあるほうはアカネスミレ。
アカネスミレはけっこうありますから、不思議なものですね。
オトメスミレはたまに出遭いますが、距まで色いシロバナタチツボ
となると出遭ったことがありません。
本当に不思議です。
我々の年代もまもなくワクチンの順番が巡ってきますね。
ワクチン接種で少しでも感染が鎮静化していってくれればいいですね。
どうぞ油断なくお過ごしください。

2021/4/11  10:11

投稿者:へこきあねさ

オトメスミレは市内の中山間地でも見ることができますが、
オカスミレはたしかに珍しいです。
人生、回り道もいいことがありますね。

http://queue-pin.tea-nifty.com/hekokianesa/#_ga=2.225233434.1004085619.1612594022-367112594.1608204808

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ