ハクチョウ(北帰行)  

風無し。暖かな朝です。

夜の間に雨があり、日中は晴れるというのは4月の穀雨の頃の気象です。

しかも今朝は靄が出ました。
これは4月末から5月の朝に似ています。

仙台の方のブログを見ていたら、なんとセリバオウレンがもう開花しているようです。

こちらのセリバオウレンンも、もう咲いているのでしょうか。今日あたり見に行こうかな。

今朝はまたまたネコに2時半に起こされ、早すぎるのでそのまま寝ていました。

が、もう全然眠りに戻れないほど目が覚めてしまい、眠っていないのに寝ているのも時間の無駄なので、4時半に起きることにしました。

6時ころ、そろそろ明るくなってきたようなのでブラインドを上げると、前方の畦道に車が傾いています。

畦道いっぱいほどの大きな車です。

どうしてこんな道を通ったのでしょう。

パトカーが2台来ていて、おまわりさん二人が何かを計測しています。

クリックすると元のサイズで表示します

ドライバーはいないようですから、車を置いて帰ったのでしょう。

お巡りさんでなくても、酒酔い運転とか薬物使用とか、不審事案を考えたくなります。

2019年の洪水の後、土手や河川改修の予定となり、近くの土手道も畦道も簡単な補修しかやっていないので、地元の人は軽トラでしか通りません。

軽トラでさえよそ見できないほど、いっぱいっぱいの道の狭さです。

どう考えても怪しいですよ。

そうこうしているうちに、北に帰るハクチョウの列が頭上を通り過ぎました。

クリックすると元のサイズで表示します

13日夜半の地震の翌朝から、毎日2〜3グループが北を目指しています。

仙台周辺とか伊豆沼周辺とかに集合し、もっと大きな群れになって更なる北をめざすのでしょう。

10分後くらいに、ゴミ出しに出たら、靄が出てもうすっかり真っ白。

やはり5月頃の朝のような感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

この時間帯に靄が出ると、後になって晴れてきます。

ついでに事故ってる車を見て来たら群馬県の車でした。

ますます怪しい。





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ