ジョウビタキ・モズ・ハクチョウ  植物

快晴です。

青い空を背景に今朝は9羽のハクチョウが我が家上空を飛んでいきました。

屋根のすぐ上くらいなので、飛び過ぎるのを追いかけきれません。

ハクチョウの飛翔って、けっこうなスピードがあるのです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今朝はジョウビタキもモズも来てくれました。

ジョウビタキは21日に南相馬市で出会っていて、今朝は2度目。

昨年はなかなか見かけませんでしたから、今年は期待できますね。

高病原性鳥インフルエンザもみつかっているそうですから、今年は要注意の冬鳥観察になります。

死んでいる鳥をみつけた場合、決して素手で振れないよう気をつけて下さい。
子供たちにも伝えておいてください。


朝日新聞デジタル
北海道で高病原性鳥インフルエンザ 国内2年半ぶり
朝日新聞社 2020/10/30 22:30


 北海道紋別市で24日に採取された野鳥のふんから、鳥での感染力や致死率が高い「高病原性鳥インフルエンザウイルス」が検出された。国内の野鳥で確認されるのは、2018年4月以来、2年半ぶり。環境省が30日発表した。同省は、死亡または衰弱している野鳥を見つけたら、触れずに自治体に連絡するよう呼びかけている。

 北海道で見つかったウイルスはH5N8亜型。同じ型のウイルスは10月下旬、韓国でも野鳥のふんから見つかった。環境省は、渡り鳥の飛来シーズンであることから、警戒のための国内の野鳥調査の対応レベルを、3段階の1(情報収集・監視)から2(監視強化)に引き上げた。(水戸部六美)





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ