サケツバタケ  植物

キノコ記事の続きです。

上から見たら大きな茶色の傘だけが見えるので、キノコらしいキノコ。

大きさだけが気を引くだけの、どこかで見たことのあるようなキノコ。

裏側を見たら紫がかった墨色のヒダで、柄は真っ白で上の方にツバがあります。

あれ、ま、初めて見るキノコ。

真上から見ただけでは想像もつかなかった美しいキノコです。

ヒダの色は絵画的にはとても魅力のある色。

でも、食べ物の色としてはあまり食指が動かないような感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帰宅してNEOのキノコ図鑑で調べたら、サケツバタケというモエギタケの仲間のキノコです。

ネット検索では、おいしいキノコで国によっては栽培しているという説明。

意外や意外。食べられるうえに美味だなんて。

野生のキノコはでも食べるには勇気がいります。

その勇気が私にはありませんw。

栽培されて、販売されているキノコを食べるだけで十分満足しています。









コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ