タブノキ  植物

青空ですね。
風もなく穏やかな朝です。

とはいえ、昨日は吾妻山は雪だったそうです。
蔵王も雪で通行止めだったとか。

10月半ばになると福島県でも初冠雪のニュースを聞くようになります。

冷え性の人はお風呂に使ってふくらはぎを温めるといいそうです。

ハマギクとツワブキもですが、タブノキを見るのも今回は楽しみでした。

いわき市では新しい道路や住宅地移転のため、大々的にタブノキやスダジイを初めとする常緑広葉樹林を伐採し、山自体が消滅してしまいました。

しかし、田舎の海のそばならそんな憂き目にも合わないだろう。

懐かしのタブ林の影が見えてきました。

これまで2回しか来ていなかったのにこの懐かしさ、うれしさはなんだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

以前より緑陰は浅くなっていましたが残っていてよかった。

と、思ったのもつかの間、近くに行ってみたらピンクのテープが巻かれ、どうも近々伐採の予定なのではないでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば2度目にここに来た時はYちゃんも一緒で、みんなで海を眺めたのでしたが、こんなに高さのある堤防では階段を上らねば海は見えません。

堤体の上を犬と歩いている人がおりましたが、次の階段はどこなのかここからでは見えません。

クリックすると元のサイズで表示します

崖地の縁のハマギクは流失したのかもしれません。

しかし、崖の一角に見事な一群が花を咲かせていました。

徐々に株数も増えていくでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

タブノキの伐採はもったいないですね。

林床はツワブキの群生です。

伐採の理由はなんでしょう。

近くには電線もないのに。







コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ